らせんのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

らせん

3.003.00
映像
3.00
脚本
3.00
キャスト
3.00
音楽
3.50
演出
2.50
感想数
1
観た人
2

らせんのあらすじ・作品解説

「らせん」は1999年7月1日から同年9月23日にかけてフジテレビ(CX)系列で放映された全13回のテレビドラマで、放送終了後の1999年12月にVHSシリーズ化もされている。 本作は鈴木光司作のサスペンスホラー小説、「リング」の後日談を描いた同タイトル小説「らせん」を実写化したものだが、その内容は原作と大きく異なり、登場人物の名前と設定が一部共通する以外は、ほぼオリジナルといっていいストーリーが展開される。たとえば、原作ではホラーとしての側面よりも医学や科学的な視点で語られる話が中心となるが、ドラマ版ではノストラダムスの予言を元に主人公の安藤(演:岸谷五朗)たちが奔走するなど、オカルトや冒険要素を色濃く押し出したテイストの構成になっている。 また、本作放映前のドラマ「リング最終章(1999年1/7から3/25放送)」の続編であり、テレビシリーズの完結編という扱いでもあった。ちなみに、同タイトルは映画化もされている(1998年1月公開)が、こちらは原作に沿った内容になっている。

らせんの評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.003.00
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
3.503.50
演出
2.502.50

評価分布をもっと見る

らせんの感想

投稿する

リングを受け継いだ一作

らせんはリングを受け継いだ一作でもあります。ストーリーも貞子を巡るものでリングと大まかなところは同じですが、細かなところで差別化を図れています。差別化を図れている点として、貞子が主人公と密接に関わっており、リングよりも印象の強い存在があります。要所要所に表れ、この作品を見る上では欠かせない存在になっています。敵でありつつ、忠告人の面も見られ、リングとは一味違う貞子を楽しめます。しかし、貞子の怖さという点ではリングの方に軍配が上がる感じはします。また、貞子とは別に看守と4人の囚人という主人公に立ちはだかる存在が物語を盛り上げてくれます。彼らの存在が謎が謎を呼ぶ展開をしてくれていて、物語の面白さを底上げしてくれています。話の展開が分かりやすく、ストーリーを追いやすいのがこの作品のいい点ではあると思います。最大の見所は主人公と妻、息子との家族の絆が丁寧に描かれている所にあると思います。リングで...この感想を読む

3.03.0
  • ヨクサルヨクサル
  • 105view
  • 608文字

らせんの登場キャラクター

安藤満男

よみがな:アンドウ ミツオ 年齢(作品時):34歳 性別:男性 国籍:日本 所属:青葉学園女子高校の国語教師で科学部顧問 物語上での目的:元教え子の夏美を助ける内、事件に巻き込まれる。 トラウマ:海難事故で息子の孝則を亡くし、妻と離婚したこと。 妻:美和子(息子を亡くしたヒステリーで安藤に時折電話で非難し...

らせんに関連するタグ

らせんを観た人はこんなドラマも観ています

らせんが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ