若者のすべてのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

若者のすべて

4.004.00
映像
3.50
脚本
3.50
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

若者のすべてのあらすじ・作品解説

「若者のすべて」は1994年10月から12月までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマである。水曜日の21時台の「水曜劇場」枠で放送され、最終回は30分拡大するほどの人気であった。アメリカの映画「アウトサイダー」を参考に作られた作品であり、若者の抱える悩みや苦しみ、葛藤を描いた青春ドラマである。 哲生(萩原聖人)、武志(木村拓也)、圭介(武田真治)、守(堀内一史)の4人は小学校以来の気の置けない友人達。主人公の哲生は交通事故で両親を亡くしたことで大学進学を諦め家業であった自動車工場を継ぎ、あれこれと奮闘するものの経営はうまくいっていなかった。そんな折武志と守は哲生の工場を救うために危ない仕事に手を出し、事件に巻き込まれ守は植物人間になってしまった。事情を知らない哲生は武志を許さず、責任を感じた武志はみんなの前から姿を消してしまう。 主題歌にはMr.Children「Tomorrow never knows」が使われ、歌の主題でもあった「誰かのために生きる意味」をテーマにした青春群像劇である。

若者のすべての評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.504.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

若者のすべての感想

投稿する

キムタクが脇役

騒動の某マネージャーがジャニーズの掟を破り主役ではない仕事も引き受けていた時代のキムタクの貴重な脇役自閉症って精神的ショックでなるものではないよね・・今の時代なら哲生の妹(妙子)は自閉症って設定にはしなかっただろうな、、、あの人は今的な人よりも、この人このドラマに出てきたか!と振り返るドラマドラマのタイトルを見ただけで主題歌を口ずさんでしまう。今ってそんなドラマないなー最後に二人が刺された意図は何だったのだろう。。と今でも思う今の時代にこのドラマが放送されたら視聴率は何パーセントだろうキムタクが脇役で出ていた貴重なドラマ。哲生役の某俳優とは確執があったとかの噂があるが、真相は如何に??この時代のキムタクの演技の方が光っていたような。もう一度脇役で出る事はないのだろうか。何をやってもキムタクと言われるのは、キムタクの為に台本が用意されているからだろう。脇役だけどこの役はキムタクしかいないっ...この感想を読む

4.04.0
  • maaachanmaaachan
  • 88view
  • 508文字

若者のすべての登場キャラクター

原島哲生

身長:175㎝ 体重:56㎏ 性別:男 国籍:日本 住まい:川崎 性格:一本気な性格 特徴:タバコを吸う 仕事:自動車修理工場の経営 立場:みんなの親分的存在 進路:大学進学を諦め稼業を継ぐ

若者のすべてに関連するタグ

若者のすべてが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ