芸人さんがいっぱい! - 示談交渉人 ゴタ消しの感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,078件

示談交渉人 ゴタ消し

3.003.00
映像
3.00
脚本
3.00
キャスト
2.00
音楽
3.00
演出
3.00
感想数
1
観た人
1

芸人さんがいっぱい!

3.03.0
映像
3.0
脚本
3.0
キャスト
2.0
音楽
3.0
演出
3.0

目次

男女バディの、流行りを押さえたドラマ

「示談交渉人ゴタ消し」を視聴した感想です。
率直な感想としては、「可もなく不可もなく」といった感じです。
ストーリーは、毎回示談交渉人である、主人公の白虎の元にトラブルを抱えた依頼人がやって来て、交渉術を駆使して解決していく、というものです。
起承転結もはっきりしていましたし、毎回1話完結なのも見易くていいと思いました。
この手のトラブルシューター物では、男女のバディ物は流行っているし、視聴者に「見てみたいな」と思わせるとっかかりは充分にあると思います。

全体的な設定が、この30分のドラマとしては、オーソドックスな作りになっていると思いますし、需要のある作品のスタイルだと思いました。

悪くはないけれど、個性が乏しい


ただ、全ての項目において、100点満点中、80点くらいに納めている感じがすごくするんですよね。
この作品をテレビで見る分には文句はないのですが、別に一週見逃してしまっても悔しくはないというか。DVDを買うほどのファンを作ることのできる作品なのか?は微妙な所です。

「何となくバディ物のトラブルシューターの作品で、主人公はクールで知略に富んでいるものを創りたい。だって流行っているから」という製作側の意図がすごく感じられます。
ですので、一つ一つの設定が、悪くはないけれど浅い印象があるのです。
そして結果的に、作品の個性を感じられず、心に残らないのではないかと思いました。

確かに上に挙げたような特徴の作品を作れば、「面白そう」と視聴者を期待させることはできるでしょう。
しかし、中身がなければ、視聴者は満足はできません。

流行りのものではなくても、製作側が何を作りたいのかはっきりとした意思があったり、監督の癖が強いものの方が、最終的には続編を望まれたり、DVDが売れたりする時代なのではないかと思ってしまいました。


また、一番不満だなと思ったのは、主要キャラクターがテンプレート的というか、既視感のある設定だったことです。

この手の作品は、ストーリーがテンプレート的になってしまうのは、ままある事だと思うんです。30分という、限られた時間内でもありますしね。

しかし、キャラクターに個性があれば、なんとでもできると思うんです。
ストーリーがどこかで見たようなものであっても、キャラクターの人間性作りは、他の作品の登場人物と被らないように個性を出してやることができると思います。

そして、その人の生い立ちや生活環境を設定してやれば、キャラクターがストーリーを動かすようになってきます。
ですので、自ずとストーリーも陳腐の域を越えてくるのです。

そのために、キャラクター作りというのは一番大事な部分になってくるかと思うのですが、そこが結構おざなりだなと思ってしまいました。

主人公の白井虎次郎、通称白虎は、クールで無口ですが、交渉術と心理戦に長けた、知略に富んだ男です。
一方相棒の桜彩乃は、明るく天真爛漫なしっかり者。やる気のない白虎のお尻を叩く存在です。
…正直このメインのキャラクターの設定は、色々な漫画やアニメでやり尽くしたシチュエーションですよね。
癖とか、好きなものとか、嫌いなものなど、もっと作り込んでいれば印象は違ったかもしれません。

芸人なのに、コメディはやらないのか?


また、ストーリーがある程度先読みできてしまうのも残念でした。
ストーリー中盤で、交渉のシーンなどは、ミスリードさせるような構成になっていて面白かったのですが、なぜか最後のオチが読めてしまうのです。
そこはもう一捻りしてほしかったと思いました。

また、キャストの物足りなさも少し感じてしまいました。
この作品は、吉本興業が製作会社ということで、ほとんどのキャラクターが吉本興業に所属しているタレントです。
コントでの演技は皆さんするかもしれませんが、ドラマだと全体的に厳しい感じがしました。

また、主演の西野亮廣さんもお笑い芸人なので、正直、演技力に関して物足りない感じがしました。
役作りなのかもしれませんが、西野さんだけ声が出ていなくてセリフが聞き取れない箇所もありますし、元々がきつい関西弁を喋る人なので、標準語のイントネーションがおかしい所も、時々見受けられます。
これだったら無理に標準語にせず、関西弁でもよかったのでは?と私は思ってしまいました。

また、疑問だったのは、「なぜコミカルなシーンを入れないのか?」ということです。
ほとんどのキャストが芸人の割には、作中に笑えるシーンがほとんどありませんでした。
普通のドラマですら、ゲストで呼んだ芸人に、コミカルなシーンを用意したりするのですが…。

西野さんは元々ツッコミですから、白虎がツッコミで彩乃がボケのようなやり取りが、あってもよかったと思います。
あえて芸人にカッコいいことをさせたいのは分かりますが、得意分野なのだから、もっとどんどんやればいいのに、と思ってしまいました。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

示談交渉人 ゴタ消しを観た人はこんなドラマも観ています

示談交渉人 ゴタ消しが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ