ギフトのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ギフトのあらすじ・作品解説

2000年に公開されたアメリカのサスペンス・スリラー。監督は「死霊のはらわた」「スパイダーマン」のサム・ライミ。 亡くなった人の姿や未来を予見する特殊能力を持つ未亡人アニーは、その力を神からの授かりものと考え、身近な人々の相談に乗ることで3人の子供と共に細々と生計を立てていた。特に、夫ドニーのDVに悩む人妻ヴァレリーや、心を病んでいる車の修理工バディは、たびたび彼女の元を訪れていた。が、ある日、彼女の予見通り、有力者の娘ジェシカが行方不明となり、彼女に保安官から協力要請が来るが…。 主人公の”視える”女性アニーを「ブルー・ジャスミン」「エリザベス」のケイト・ブランシェット、過去の虐待により心を病み彼女にすがるバディを「閉ざされた森」「プライベート・ライアン」のジョバンニ・リビシが演じ、高評価を得た。またDV被害者の女性ヴァレリーを「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク、その暴力的な夫を「スピード」「マトリックス」のキアヌ・リーヴスが演じている。

ギフトの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

ギフトに関連するタグ

ギフトが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ