スリーパーズのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

スリーパーズのあらすじ・作品解説

「スリーパーズ」は1996年に公開された同名小説を原作とするアメリカ映画である。 いたずらが原因で少年院に送られてしまったロレンツォ、マイケル、トミー、ジョンの四人は、看守のノークスからひどい性的虐待を受けて心に深い傷を負ってしまう。 四人はフットボールの試合中、日頃看守から受けた虐待によって募った怨みを晴らすためリーダー格であったリゾをゲームに誘い、殴り殺してしまう。 その四人がのちに成人して少年院を出ることになったが、トミーとジョンは偶然レストランで、かって虐待を受けていたノークスに遭遇して彼を射殺してしまう。 トミーとジョンは逮捕されてしまったが、検事になったマイケルは二人を無罪にしようと、新聞記者になったロレンツォは少年院で行われていたひどい虐待の数々を明らかにしようとする。 この映画の原作となった小説はノンフィクションだと言われていたが、裁判所は事実無根だと発表し、実話か否かの論争が巻き起こった。

スリーパーズの評価

総合評価
4.004.00
(2件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

スリーパーズの感想

投稿する

スリーパーズに関連するタグ

スリーパーズが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ