ハンガーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ハンガー

0.000.00
映像
0.00
脚本
0.00
キャスト
0.00
音楽
0.00
演出
0.00
感想数
0
観た人
0

ハンガーのあらすじ・作品解説

1983年に公開されたイギリスのホラー映画。原作はホイットリー・ストリーバーの「薔薇の渇き」。監督は「トップガン」「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコットで、本作が長編デビュー作である。 深夜、ニューヨークのディスコに現れた謎めいたカップル。2人はハイセンスでデカダンな空気をまとい、獲物を物色しナイフでその首を掻っ切り吸血した。ブロンドで美貌の女ミリアムは何世紀も生きる吸血鬼、ジョンは18世紀に彼女が拾い同族とした男である。が、ある日ジョンに老化が始まり、ミリアムは老化の研究者で医師のサラに目をつけるが…。 耽美でアンニュイな世界観は圧倒的で”永遠に生きる”悦びと絶望の狭間で慟哭するミリアム役「シェルブールの雨傘」「インドシナ」のカトリーヌ・ドヌーヴと、ジョン役「地球に落ちてきた男」「エレファント・マン」のデヴィッド・ボウイの美しく悲愴な様は、吸血鬼ものの中でも異彩。また、レズシーンがあるサラ役を「テルマ&ルイーズ」「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドンが演じている。

ハンガーの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

ハンガーに関連するタグ

ハンガーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ