AQUAのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

AQUA

4.504.50
画力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

AQUAのあらすじ・作品解説

「AQUA」は、天野こずえによる日本の漫画作品である。 もともと「月刊ステンシル」に連載されていたが、いわゆるお家騒動(編集者の離脱や漫画家の独立など)があり、そのあと「月刊コミックブレイド」に「ARIA」と改題され、引き続き連載された。 舞台は人間が住めるようにテラフォーミング(改造)された火星、アクア。そのアクアの観光都市である「ネオ・ヴェネツィア」で一人前の水先案内人を目指す主人公の水無灯里と、その仲間とのふれあいや成長が描かれている。 舞台の「ネオ・ヴェネツィア」はあくまで異星に存在するという設定だが、実際イタリアにあるヴェネツィアのモチーフがいくつか登場する。 本作は全2巻で完結しており「ARIA」の前編にあたる。「ARIA」は「AQUA」から話も続いている。 「ARIA」としてテレビアニメーションやOVA(オリジナルビデオアニメーション)、ドラマCD、画集、ゲームなど様々なメディアミックス化がされている。

AQUAの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

AQUAの感想

投稿する

ARIA最高!

AQUAからのARIAAQUAとしてはたった2冊しか漫画は存在していませんが、雑誌がかわり、ARIAとして長編作が作成されました。当初の絵柄は女の子たちの体型がなかなかリアル体型であること、絵柄が古いこと、登場する火星猫・ARIA社長がやたらでっかいことなどが取り上げられます。ですが、設定はAQUAのころからしっかりと決まっていたのでしょう。ARIAを先に読んでしまっている方でもまったく問題なく楽しめます。むしろ2冊目の後半はARIAの小話があるのでARIA好きは読むべきかと。面白い世界観何故ベネチアを火星に移住して、そこで近未来的な生活をしているのか、想像もしないような不思議な世界観や、主人公・あかりの不思議な体験談、知能は人間と同じという大きな火星猫のARIA社長の可愛さなど見どころは豊富です。それと、別の視点が加わることで理解できる幅が広がる主人公のメールのやり取りという描き方も独特です。通常ならエピローグが流れてそれが...この感想を読む

4.54.5
  • 藤崎藤崎
  • 84view
  • 1065文字
PICKUP

AQUAの登場キャラクター

水無灯里

よみがな:みずなしあかり ニックネーム:もみ子 生年月日:1月30日 年齢(作品時):15 血液型:A型 身長:155cm 星座:水瓶座 性別:女性 国籍:日本 住まい:ARIAカンパニー 所属:ARIAカンパニー

アリス・キャロル

よみがな:ありす・きゃろる 生年月日:9月1日 年齢(作品時):14歳 身長:145cm 星座:おとめ座 性別:女 住まい:アクア 所属:オレンジぷらねっと 性格:大人びてる 癖:「でっかい〇〇です」をよく言う

AQUAの名言

地球に住んでいた時はいつも快適な気候だったけど 何でだろう 私はこっちの方が好きー

水無灯里

浮島にて地球は快適な気候だったのに対して火星は人の手で行うから気候の調整が大雑把だと言う話をしていた時の事 快適な気候や快適な環境のが過ごしやすいが残暑や長引く冬も赴きや愛嬌があって悪くないという事を思い出させてくれる一言

AQUAに関連するタグ

AQUAが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ