静かなるドンのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

静かなるドン

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
5

静かなるドンのあらすじ・作品解説

「静かなるドン」は新田たつおによる漫画作品。2013年まで「週刊漫画サンデー」誌(実業之日本社)で連載された。20年を超える長期連載であり週刊連載は1,000回を達成、コミックス全108巻は累計4,400万部を売り上げた。 他メディアとのミックス展開として1991年に初めてのOVA化、そして1994年にはTVドラマ化(中山秀征主演)された。また実写映画は2000年と2009年とで2回制作・公開された。その他にもドラマCDやソーシャルゲーム版も存在する。 主人公の近藤静也は2つの顔をもっていた~昼は下着メーカー「プリティ」の冴えないデザイナー、小柄で童顔のしがない勤め人だがその正体、夜の顔はというと子分1万人を従える広域暴力団「新鮮組」の三代目総長なのだった。そんな近藤の二重生活での奮闘ぶりが描かれる。 登場人物名は歴史上の偉人の名をもじったものが多く、また新選組にちなむ命名がことさら多く見られる。

静かなるドンの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

静かなるドンの感想

投稿する

静かなるドンに関連するタグ

静かなるドンを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

静かなるドンが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ