御先祖様万々歳!のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

御先祖様万々歳!

4.504.50
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
声優
5.00
音楽
5.00
感想数
1
観た人
1

御先祖様万々歳!のあらすじ・作品解説

御先祖様万々歳!は、1989年8月5日から1990年1月25日にかけてリリースされたOVA作品である。原作・監督・脚本を押井守が担当しキャラクターデザインをうつのみやさとる、美術を池田祐二、撮影を小山信夫、音楽を川井憲次が担当した。スタジオぴえろ10周年記念作品として製作され、他の押井作品で見られる題材やネタが随所に折り込まれている。また、1990年には90分に再構成・再編集されたバージョンの劇場版「MAROKO 麿子」が公開された。 主人公の四方田犬丸は高校二年生で都内近郊のマンションにサラリーマンの父と専業主婦の母の三人で暮らしていた。そんなある日曜日の昼下がりにひとりの美少女が四方田家を訪れたことから物語は始まる…。 四方田犬丸:古川登志夫、四方田麿子:勝生真沙子、四方田甲子国:緒方賢一、四方田多美子:鷲尾真知子、室戸文明・四方田犬麿:玄田哲章、多々良伴内:山寺宏一らがキャスティングされた。

御先祖様万々歳!の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
声優
5.005.00
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

御先祖様万々歳!の感想

投稿する

押井守監督にはもっとこの手のものを

「ご先祖様万々歳」は特殊系アニメですうる星やつらの時も思いましたが押井守監督にはこういった膨大なセリフの応酬で笑わせてくれるタイプのアニメをもっともっと作ってほしいです。監督の手法だと脚本の領域が平均的なアニメよりも重点が置かれている感じがうするので視聴者の脳も耳もフル回転モードで観賞すると良いでしょう。というのもあまりボーっとしながら見ていると置いていかることもあるかもしれないと思いますので。でもちょっと集中力を高めて見ているだけでOK.それだけで密度の濃さを堪能できます。舞台喜劇風のアニメです5章仕立てで舞台が章ごとに登場しますがキャラクター達は基本その舞台内でストーリーを進行させていくので舞台劇を見ている感じでしょうかね。かなり変わったアニメで最初は何だこりゃと思いましたが大成功です。声優さんもすべてベテランで演技が恐ろしく達者なレベルの方々ばかりなのでその点はこのアニメに置いて...この感想を読む

4.54.5
  • CURECURE
  • 351view
  • 1030文字
PICKUP

御先祖様万々歳!に関連するタグ

御先祖様万々歳!を観た人はこんなアニメも観ています

御先祖様万々歳!が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ