親孝行プレイのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,145件

親孝行プレイ

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.50
音楽
4.00
演出
4.50
感想数
1
観た人
1

親孝行プレイのあらすじ・作品解説

親孝行プレイは2008年10月1日から同年12月17日にかけてMBS・毎日放送にて毎週水曜深夜に放送されていた日本の深夜ドラマである。 出演者は3人兄弟の息子役として 安田顕、要潤、斎藤工である。母親役・通称「オカン」として藤乃家心斎橋が声のみの出演をしていた。 同作は2007年にイラストレーターでもあるみうらじゅん氏が照れくさい「親孝行」という行為をどう行動に移すのか、親にどう接すれば喜んで貰えるかを面白おかしくマニュアル風に描いた著作「親孝行プレイ」を基にドラマ化されたものである。 「親孝行」を「プレイ」にする!を信条にこれまで親不幸だった3兄弟、安田顕演じる長男シンイチ、要潤演じる次男ケンジ、斎藤工演じる三男ユウゾーがオカンを喜ばせるためにプレゼントを送ったり家族旅行の計画を立てるなど様々な「プレイ」を企てるのであった。 また、この作品の好評もあり2009年には実質的続編の育児版として『子育てプレイ』『子育てプレイ&MORE』が制作された。

親孝行プレイの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

親孝行プレイの感想

投稿する

新しいジャンル!俳優の素顔が見れた作品

親孝行についてまず私が思うこと、それは物よりも気持ちが大事であるということです。この作品を見ると、親孝行をしたくなるような気持ちになります。親孝行って親にありがとうという気持ちを心から伝えることが前提だと思います。何かをしてあげるとかの前に、親への有り難さを本気で思うことが大事だと思います。それからが行動です!心を込めて花束を渡してみたり、思いを手紙にして渡してみたり、旅行に連れて行ってあげたり、家を買ってあげたり。親孝行の仕方は人それぞれだと思います。100人子供がいたら100通りの親孝行の方法があるということなんです。だから、何が1番良くてとかはあまり関係ないと思います。その人の想いがどれだけ込められているのか、どれだけ親に感謝しているのかがポイントだと私は思います。親孝行とは、とりあえず行動に移すべきという意見に、少し疑問を感じました。三人兄弟のアドリブ入りの楽しい作品です。挿入歌で流れ...この感想を読む

4.04.0
  • りかりか
  • 91view
  • 2045文字
PICKUP

親孝行プレイに関連するタグ

親孝行プレイを観た人はこんなドラマも観ています

親孝行プレイが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ