ちりとてちんのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

ちりとてちん

4.404.40
映像
4.00
脚本
4.15
キャスト
4.25
音楽
4.00
演出
4.20
感想数
2
観た人
4

ちりとてちんの評価

総合評価
4.404.40
(2件)
映像
4.004.00
脚本
4.154.15
キャスト
4.254.25
音楽
4.004.00
演出
4.204.20

評価分布をもっと見る

ちりとてちんの感想

投稿する

伝統とともに成長する、不器用なヒロイン

朝ドラになかった新たなヒロイン像タイトル「ちりとてちん」は落語に由来したネーミングで、落語家という道と出会えたことで自らの人生を振り返ることができ、新たな将来への展望を遂げる成長物語である。一般的に朝ドラのヒロインは、持ち前の明るさと根性を武器に目の前の困難を乗り切ることができるといったキャラクターの設定が多かったように感じる。しかし、ちりとてちんのヒロイン、喜代美は、不器用で消極的、周囲の人と比べられて常に劣等感を抱いているという人物像で描かれている。他の人に隠れ、何がしたいのか分からないまま家を飛び出し、たまたま出会った落語に幼い頃大好きだった祖父を感じてそれが縁で落語家になる決意をする。社会には、明るく元気で、前向きな人ばかりが存在しているわけではない。必ず、自分は自らの振る舞いが不器用だったと感じている人がいるはずだ。幅広い人が、模索しながらも人として成長を遂げるヒロインの姿に...この感想を読む

4.04.0
  • sakanasakana
  • 135view
  • 2044文字
PICKUP

後ろ向きなのに前向き

渡瀬恒彦の魅力主人公の和田喜代美を演じる貫地谷しほりのフレッシュさを越えて深い魅力を放っていたのは、先日他界した渡瀬恒彦だと確信する。落語家を目指す後ろ向きな主人公の師匠である、渡瀬演じる落語家徒然亭草若は、世捨てのようないでたちで登場するのだが、実は深い愛情と熱意を持った人物であることが、回が進むにつれてにじみ出てくるのである。妻を亡くし憔悴していた草若が、個性的な弟子達と家族のような日々を暮らすにつれて、もう一度落語の舞台に立ち存在感を復活させるというのが見どころであろう。個性的なキャストこのドラマを機会にブレイクした俳優さんを2人あげると、ひとりは、主人公の夫となる弟子の草々演じる青木崇高である。これまでほぼ見たことのない俳優だったが、ワイルドなルックスといい、破天荒な行動といい、やたらと目立った。喜代美に愛の告白をする場面でアパートの隣の部屋をぶち壊して入ってきたのには驚いた。...この感想を読む

4.84.8
  • めいたんめいたん
  • 141view
  • 1001文字

ちりとてちんに関連するタグ

ちりとてちんを観た人はこんなドラマも観ています

ちりとてちんが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ