ワイルドライフのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

ワイルドライフ

4.504.50
画力
4.25
ストーリー
4.75
キャラクター
4.75
設定
4.50
演出
4.75
感想数
2
読んだ人
2

ワイルドライフのあらすじ・作品解説

ワイルドライフとは藤崎聖人原作の週刊少年サンデーで2003年から2008年までの間連載されていた医療マンガである。 ストーリーは獣医師で絶対音感を持つ主人公岩城鉄生が数々の患畜を救いながら腐敗していた盟央大で務める人々の心を変えていくというものである。動物だけでなく人の成長についても書かれている作品となっている。 単行本は全27巻出ているが、24巻時点で累計発行部数500万部となっている。2006年には「第51回小学館漫画賞少年部門」を受賞するなど人気の高さを伺うことが出来る。 また、2006年にドラマCDが2作品、2008年には市原隼人主演でNHK総合などの放送局でテレビドラマ版(2話)も放送されている。 同じ週刊サンデーで連載されていた人気作品「焼きたて!!ジャぱん」ともコラボをしていて、そちらの漫画にも何度か主人公が登場していた。 2010年には人気の高さもあり派生作品が「GAKUMANplus」にて掲載された。

ワイルドライフの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
画力
4.254.25
ストーリー
4.754.75
キャラクター
4.754.75
設定
4.504.50
演出
4.754.75

評価分布をもっと見る

ワイルドライフの感想

投稿する

動物の通して人を救うお話

鉄生のキャラがとてもよかった不良だけれど情に熱く、大切な人を守ろうという気持ちが備わっていることが主人公のいいところです。頭が悪くたって、目の前にある命を大切にしようとできるなら、誰にだって医者とか獣医師という仕事はできるのかもしれないなと思わせてくれました。現に、大学でもAO入試とか、コミュニケーションスキルをみたり特技をみたり…勉強ができるから医師に適しているのではなく、人と関わるちからが仕事を続けていくうえで大事だと考えている大学もありますよね。もちろん、人手不足を補おうとする苦肉の策ともいえるかもしれないけれど、頭でっかちに考えるのではなくて、人の感情に寄り添う気持ちや助けようとする熱意など、根本的な部分を持つことが大切だなと教えてくれます。一番わかりやすいのが序盤の鞍智とのエピソードですね。勉強ができて、研究ができて、動物を救えないなら何の価値もない。それを痛感したあとの彼は目...この感想を読む

4.04.0
  • betrayerbetrayer
  • 165view
  • 3018文字
PICKUP

ワイルドライフの登場キャラクター

鞍智久孝

よみがな:くらち ひさたか 生年月日:9月15日 血液型:A型 性別:男 所属:R.E.D. 性格:環境に染まりやすい性格。 特徴:鉄生とほぼ同期。登場初期はよく鉄生と揉め事になったり劣等感やライバル心が高かったが、オーストラリアやイラクなどでの経験で鉄生やみかにも見分けられない位に外見や中身が大きく成長した...

宝生紗戸音

よみがな:ほうしょう さとね 生年月日:2月24日 血液型:A型 性別:女 所属:航空会社(NANA)で客室乗務員 特徴:鉄生とは小さい頃からの幼馴染。 価値観:当初は鉄生に対して強気だったが、犬のことがあって以来、鉄生を見直し惚れている 癖:妄想 スリーサイズ:B80・W58・H86 ドラマCD版声優:白石涼子

瀬能みか

よみがな:せのう みか 生年月日:5月13日 血液型:B型 性別:女 所属:R.E.D.の獣看護士 性格:優しい心の持ち主で、少し弱気 特徴:鉄生と共に患畜たちの命を救ってきた。 価値観:情熱の高い獣医師として鉄生を慕っている スリーサイズ:B90・W60・H90 ドラマCD版声優:堀江由衣

キャラをもっと見る(5件)

ワイルドライフに関連するタグ

ワイルドライフを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ワイルドライフが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ