現代ギリシャの悲劇を神話の形を借りて具現化した、テオ・アンゲロプロス監督による映画史に残る不朽の名作「旅芸人の記録」 - 旅芸人の記録の感想

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

現代ギリシャの悲劇を神話の形を借りて具現化した、テオ・アンゲロプロス監督による映画史に残る不朽の名作「旅芸人の記録」

5.05.0
映像
5.0
脚本
5.0
キャスト
5.0
音楽
5.0
演出
5.0

このギリシャ映画「旅芸人の記録」は、1975年度のカンヌ国際映画祭で国際批評家大賞を受賞した作品で、この映画の監督・脚本のテオ・アンゲロプロスがギリシャの軍事政権下のもとで、4年の歳月をかけて「軍事政権への政治的反撃として、自殺的行為にほかならなかった」と製作意図を語っており、軍事政権崩壊後の1975年に完成させた、映画史に残る不朽の名作です。

この作品は、第二次世界大戦前夜の1939年から、パパゴス元帥による右翼勝利の1952年までの、"現代ギリシャの激動の歴史"を、ギリシャ神話の「オレステイア」と、劇中劇である19世紀末に書かれた田園劇「羊飼いの少女ゴルフォ」の二つの悲劇を重ねて暗喩的に描かれていきます。

古代ギリシャの繁栄は誰もが知っていますが、現代ギリシャの歴史が、大国の利害に弄ばれた苦難の歴史であった事はあまり知られていないのではないかと思います。 ギリシャが400年に渡るトルコの支配から脱して独立したのは20世紀の初頭であり、第二次世界大戦中のイタリアとドイツの侵略と、それに続く国際紛争の中の内乱による国土の荒廃から立ち上がって、近代化の努力を現在も続けているのです。 風光明媚なエーゲ海といったものだけに目を奪われてはならないし、この国を古代文明の観光地とだけ考えてはいけないような気がします。

アイスキュロスの「オレステイア」は、トロイ戦争の際、ギリシャ側の総大将アガメムノン出征の間、その妻クリュタイムネストラはアイギストスと情を通じ、帰国した夫を、二人で共謀して殺害します。 娘のエレクトラは、母と情夫の棲む家で奴隷にされながら、あらゆる屈辱と辛酸を耐え忍んでいきます。 そして成人した弟のオレステスを手引きして、母とその愛人を殺させ、父の仇を討つのです。 オレステスを援助する親友のピュラデスはエレクトラの恋人です。

この映画「旅芸人の記録」での旅芸人の一座は、このギリシャ神話になぞって構成されていて、ナチスに通じて父を殺した母の情夫を、ゲリラに身を投じてギリシャの自主独立のために闘う弟オレステス(ペトロス・ザルカディス)が、姉エレクトラ(エヴァ・コタマニドゥ)の手助けを得て、母もろとも射殺するのです。 しかし、オレステスは捕らえられて処刑されます。 そして、その葬送の時、エレクトラは、この映画の原題でもある「あはよう、タソス」と呼びかけ、泣きながら拍手するのです。

「おはよう、タソス」で始まる5幕ものの田園劇「羊飼いの少女ゴルフォ」は、スピリドーノス・ペレシアドスの作で、貧しい羊飼いの娘ゴルフォは、やはり貧しいタソスと愛し合っていますが、金持ちの娘スタヴルーラがタソスを、また裕福な男キッツォスがゴルフォをそれぞれ慕っていて、ゴルフォはキッツォスを相手にしませんが、タソスは偶然に大金を手に入れてから金の魅力にとり憑かれ、そして金持ちのスタヴルーラに迫られて、ゴルフォを捨てて結婚しようとします。 そのタソスの心変わりに失望したゴルフォは毒を飲んでしまいます。

金に迷った自分の過ちに気づいたタソスが、ゴルフォの所に駆けつけて来た時には、時すでに遅く、タソスは自ら短剣で胸を刺して、ゴルフォと重なって死ぬのです。 この芝居にも"現代ギリシャの悲劇"が寓意的に扱われているのです。 大国からの干渉に動揺するギリシャ。 貧しいながら愛情を守り抜いて死ぬゴルフォの姿に、自国の誇りを見ようとしているのだと思います。

舞台でゴルフォを演じるエレクトラの役は変わりませんが、タソスを演じる相手役は、父アガメムノンから引き継いだ弟オレステスに、そして彼が徴兵されてからは恋人のピュラデスに、そのピュラデスが母の情夫のアイギストスの密告で島送りになってからは、仇のアイギストスにと次々と変わっていきます。

最後に、アイギストスがゲリラとなったオレステスに殺された後を、妹クリュソテミの成長した息子がタソス役で初舞台を踏むのです。 そして、この若々しいタソスに向かって、もう若くはないエレクトラが、「オレステス!」と死んだ弟の名を呟くのです。 そして、再び、「羊飼いの少女ゴルフォ」の幕が開いて、その最初のセリフが「おはよう、タソス」なのです。

上映時間が4時間に近いこの映画の特色は、一シーン=一カットで撮っている事だと思います。 ショットの長い映画は、冷静で客観的にストーリーを観察する事が出来ると言われていますが、このテオ・アンゲロプロス監督が、大きな危険を冒して作った"愛国の情熱"が、現代ギリシャの悲劇を神話の形を借りて具現化しているエレクトラの姿を通して、我々観る者の胸に迫ってくるのです。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

旅芸人の記録が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ