ハゲマシガールが一番おもしろい - サビ男サビ女の感想

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

サビ男サビ女

3.003.00
映像
3.00
脚本
3.00
キャスト
3.00
音楽
3.00
演出
3.00
感想数
1
観た人
1

ハゲマシガールが一番おもしろい

3.03.0
映像
3.0
脚本
3.0
キャスト
3.0
音楽
3.0
演出
3.0

目次

「サビ女、サビ男」はこんな作品!

この作品は、四つのオムニバス映画から成る、短編映画集です。

どれもコメディ色が強く、また設定が少し変わっているのが特徴です。

全ての作品に、フジテレビ系の「世にも奇妙な物語」の一編のような、風変わりな雰囲気がありました。



「ハゲマシガール」の感想



とにかく下らなくていいですね!めちゃめちゃ笑いました。
恐らく四作品の中で、一番出来がいいと思います。

放映時間の少なさや、予算の少なさを逆手に取り、笑える雰囲気を出していました。

全員独特の言い回しで、笑ってしまいました。
桜庭ななみさんと、中村倫也さんは、わざと滑舌悪く喋っていますよね。

ギャグマンガは絵が下手な方が笑える的な、手の抜き方を感じました。

また荒川良々さんの存在感が、抜群に効いていましたね。
あの、ぬぼっとした出で立ちが、世界観をより引き立たせていました。
荒川さんの本領発揮という感じがしました。

また、たんぽぽの二人も、緩い笑いをさらに巻き起こしていました。
二人とも、まず女子大生に見えないですからね…。

ラストシーンの、「飛べーっ、飛べーっ」は爆笑でした。こういう作品大好きです。
ずっと笑っていられる感じで、100点満点のギャグ映画だと思いました。


「Boy?meets girl.」の感想



ハゲマシガールに対して、ちょっと見辛い感じがしました。
アニメーションが多い割りに雑でした。いや、わざと雑にしているのかもしれませんが、私は好きにはなれませんでした。

また、主役の中村蒼さんが、全然女装が似合っていないのも、ちょっとな…と残念に思いました。
どう見ても男性です。

瀬戸康史さんのような、中性的な人はいなかったのでしょうか…?
それこそハゲマシガールに出演していた、中村倫也さんの方が、良かったような。

また、オチもきちんと決着せず、モヤモヤが残ってしまいました。

最後に男性器が写真に写ってしまったことで、村椿が男性だということが露見するのですが、そこをやりたかっただけにも見えました。

連呼し過ぎですよね、面白いんですけど。

存在感の無い男子が、女装をして見違えるような美人になり、好きな女の子と仲良くなる…という題材自体が、それほど目新しくないので、せめてキレイな女装を見せて欲しかったです。


「くれーむないと」の感想


これは何を見せられているんだ…?という感じが終始しました。いや、いい意味で。

映画というよりは、友近さん主体の一本のコント、という感じでしょうか。

やっぱり友近さんの演技が上手くて、セリフ以上の色んな情報を、身振りや眼差しで伝えてくれる感じはします。

ダメになった肉や卵を、一つ一つ冷蔵庫から取り出す表情も、いちいち大袈裟で、笑えました。

また、その気になってしまって、露出度の高い服装で登場した際も、「いい女感を出そうと必死な女」感が出ていて面白かったです。

ちょっと、友近さんがいやらしくイチヂクを食べるシーンは、やり過ぎな感じはしましたが…。

全体的に、元々友近さんがピンでやっていたネタに近いものを感じました。

しかし最後の取っ組み合い、あれはどう受け止めればいいんでしょうね?
もう、いよいよこれは何なんだ!と問いたくなります。いい意味で。

最後にきちんとクレーム担当者が、「お前が電気代を払わないのが悪いんだよ!」と突っ込んでいたので、きちんとオチがついた形となりました。

最後、実は友近さん自身が、お客様相談窓口の対応者だった、というオチも良かったと思いました。

ただ、これは友近さんが好きではない人は、本当にダメなんじゃないかと思います。

友近さんの、本当にクレーマーに見える出で立ちは、不愉快そのものですし、ギャグにはなっていますが、汲み取れない人もいるんじゃないかな、とは思います。




「せびろやしき」の感想!



小泉今日子さん主演の一本という事で、期待して見ていたのですが、そんなに内容はなかったですね。

小泉今日子さん演じる主婦が、リストラされたサラリーマンを可哀想に思って、次々と家に連れてきてしまう…という内容でした。

結局次々と拾ってきてしまうだけで、そこから話は膨らみませんし、結構起伏のない話だったかなあ、と思いました。

そもそも放送内容が20分しかないので、そこがちょっともったいない感じはしました。

また、食卓のシーンで、一瞬画面が荒れてしまったのは何だったのでしょうか。
その辺りも少し残念でした。

田中哲司さん演じる、旦那さんもまた、リストラされている、というオチは、ちょっと先読みできてしまいましたね。

小泉今日子さんが出ていることで、特色が初めて出るような、わりと当たり障りのない内容だったなあ、と思いました。

小泉さんの衣装や、全体的な作品の雰囲気は、ポップでとても良かったと思います。

この作品がキービジュアルになってしまっているので、過剰に期待もしてしまったのですが、そこを度外視すれば、そんなに悪い作品ではなかったのかな、と思いました。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

サビ男サビ女を観た人はこんな映画も観ています

サビ男サビ女が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ