漫画大賞も頷ける世界観と伏線の数々 - 町でうわさの天狗の子の感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

町でうわさの天狗の子

4.254.25
画力
3.25
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
3.75
演出
4.50
感想数
2
読んだ人
4

漫画大賞も頷ける世界観と伏線の数々

4.54.5
画力
3.0
ストーリー
4.5
キャラクター
4.5
設定
3.5
演出
4.5

目次

天狗が当たり前のようにいる町

お山に天狗がいる町。その天狗と美人な女性が恋に落ち、一人の女の子を授かりました。名を秋姫。天狗名は太郎坊。早く修行して天狗になれと父はせかし、母は天狗になんかなるなと人里で秋姫と一緒に暮らしている。町のみんなは秋姫を天狗の娘として扱うものの、きちんとその存在を受け入れて共存していた。次郎坊の瞬、そのほか眷属の者たちは、秋姫に早く天狗になってもらいたいと思いながら、それでも秋姫の意思を尊重する優しさのある家族。一方の秋姫には人間の想い人がおり、その子と恋することに憧れて、同じ高校へ進学した…

そんな始まりをするこの物語。天狗がいて当たり前、妖の者どもも普通の人間には見えないけれど存在しており、そこに存在しているということがすんなりと受け入れられている世界。天狗に関する知識が膨大にあり、忠実にそれにそったお祭りが開かれたり、天狗が行ったとされる修行を秋姫がやることになったり、遠方から同族の者が訪ねてきたり…ファンタジーです。そこにプラスして、画もそれほど美形ってわけでなく、おふざけ満載。タケルくんのイケメン具合が全然伝わらないし、秋姫とメガネをとったみどりちゃん、赤松さん以外が本当に個性ありすぎる顔をしていますからね。てっきり、延々と天狗のいる町のお話が語られていくのかなーと思っていました。タケルくんとお付き合いが始まったことを皮切りに、物語は少しずつ動いていきます。

ゆるいギャグかと思ったら全然違う

女子ならではの派閥のぶつかりあい、そしてその後の和解、学校行事に馴染めるかどうかという地味女子、そこからタケルくんと付き合うという大逆転…ゆるーく日々を徒然なるままに語っていく雰囲気を出していながら、要所で瞬が秋姫を好きで、秋姫は瞬を好きであるフラグが立ちまくります。みどりちゃんはとっくの昔にそれに気づいているし、タケル君ですら、瞬の行動の意味に気づいている。それに気づかされるときは言葉はなく、「わかってる」って感じの行動で示されるんですよ。秋姫はタケルくんが好きで、タケルくんも秋姫を友だちとして以上に好きになろうとしている。それもわかるからまた切なくて、いったいこの恋はどうなるんだろうってドキドキ…!

しかも、恋だけじゃないのがこのおもしろさなんですよ。秋姫は、いつか自分の中の力が覚醒して天狗になってしまうかもってずっと怯えてきた。だからこそ天狗になるという修行を避けてきたし、それでいいと思ってきた。「今」幸せであることが大事だった。それが、天狗の娘に生まれてしまった運命のいたずらか、その力でタケルを助けることができたし、瞬とも近くにいられたし、天狗の能力を高めないことにはうかつに遠出もできないと気づかされていく。そして秋姫は、天狗の修業を甘んじて受けるんです。自分の中での恐怖と闘いながら、それでも守りたいと思うものを守るために行動するこの強さ…感動するよね…そして、本当は頼ってもらいたいと思っている彼女に守られてしまうくやしさや、瞬という大切な友達をずっと大切にしたいという気持ちと秋姫のことを何よりわかってやれる立場にいないという劣等感がタケルを少しずつ苦しめる。この表現もまた秀逸で、3巻読むころにはもうハマってしまいました。

クラスメイトたちと繰り広げられるやり取りでも、大人が笑えるシュールさが満載。こりゃーおもしろくないわけがない。

初めから瞬と秋姫

結局、読み返してみれば最初から瞬と秋姫で決まりだったんですよ。もうね、お互い以外にはあり得なかったともいえるでしょうね。瞬が離れていくかもしれないって感じたときの秋姫の気持ち、秋姫が離れていくとは思っていない・俺はお前がそばにいさえすればいいんだってその瞬の愛の深さ。明確に言葉になったのは本当に終盤にきてからで、それまではちょっとした目線だったり、周りがすでに気づいてのフォローだったり、間だったり…不思議とじれったいのではなくて、すごく楽しくなるんですよね。あーーここからどう持ってきてくれるの?!って。

画があんまりかっこよくはないんですけど、瞬の時折見せる姿がこの上なくイケメンでした。タケルと付き合うとなったとき、特に動揺も何も見せなかった瞬。どこにいても、どうなっても、俺が秋姫を守り続けていくことには変わりない。そんな強い気持ちからくるものだったと気づくのはラストのとき。だから、やきもちとか、そんな低レベルな次元じゃないんですよ。そばにいさえすれば…って…イケメンすぎる。素敵すぎる。

秋姫は、困ったら瞬ちゃんを呼ぶ、が定着していたわけです。それが、モミジの登場や、修行のあれこれがあり、当たり前のものではなかったと気づかされていく。悲しいことに、タケルくんのおかげで気づけたんだよね。恋というのもの曖昧さや、愛の浅い・深い、嫉妬、友情。いろいろな感情がもれなく表現され、主人公たちだけが注目されるのではなく、仲間たちと物語がつくられているのが心地よい作品です。

タケルくん&みどりちゃん最高

もちろん、最高の脇役と言えばタケルくんとみどりちゃんで決まりでしょう。もちろん、金田一さんも最高ですよ?フォルムといい、行動内容といい、シュールな発言といい…でもやっぱり、タケルくんとみどりちゃんあってこその秋姫と瞬だった。みどりちゃんは当初からずっと瞬の気持ちに気づいていて、瞬にあれこれと指導していますね。その姿は、嫉妬とかじゃなくて、秋姫がいかにみどりちゃんにとって大事な人なのか、それがわかっているからこそ、幸せになってもらいたいと思って言っている感じがする。もちろん、秋姫のことも尊重しているから、タケルくんと付き合うってなったときも見守ってきたけどね。それにプラスして、紫さんと付き合うってなってくれたときのこの喜び…!ツンデレ女子がついに!この時はもう歓喜の嵐。メガネをはずして涙するみどりちゃん萌。最高に萌。

そしてタケル。男として頼られたいという気持ち、わかるよ!だからこそ、瞬みたいにいつでも助けられる存在がうらやましいよね。天然で自然体、それでいて頭が悪いわけでも感が鈍いわけでもない。手先は器用で、本当の気持ちの伝え方は不器用そのもの。愛すべきキャラクターです。タケルがうららちゃんとうまくいってくれたことは、少し驚きもあったけれど、そのほうが嬉しいね。やっぱりみんなが少しでも笑って終われる道があってほしいもの。

ラストスパートは涙の嵐

ようやく登場するんですよ。天狗のお父さんの顔!まさに天狗のお面!最後まで出ないんじゃないかと思っていたけど、このときの涙の表情のためにとっておいたんだね…天狗の目にも涙。せつなく、優しい涙だった。

秋姫が力の使い過ぎで天狗じゃなくて狐になるっていうところもびっくり。まさかのイベントでした。そして天狗道へ落ちてしまう…それを救ってくれるのが瞬であり、そして未来の年老いた友達たち。ここがまた感動。みんなの言葉の意味がつながって理解できるこの嬉しさ!「今」の幸せ、「未来」の幸せがつながっているんだということの嬉しさ!もうね、まさかこんな壮大に感動させられるとは思ってないもんだから、度肝を抜かれたよね。

もちろん、ラストは瞬の愛の言葉。やっと聞けたよ。見開きで大々的にありがとう。

爽やかに完結したこの物語。ファンタジーであり、ラブな物語であり、友情の物語。さすが大賞とるだけあるわ。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

いちいち感動してしまう愛の深さ

天狗×女子という合わせ技天狗が当たり前のように生きている街。お山に天狗がいて,人々のことをひっそり見守っている,そんな世界。その昔,天狗と美人な人間の女性が出会って恋に落ち,1人の女の子をもうけ,秋姫と名付ける。天狗と人間のハーフである彼女は,天狗名・太郎坊という名前を持ちながらも,自分は天狗になんてなりたくない,と母親とともに人里で暮らしているのである。街のみんなからすれば,天狗の娘である秋姫は珍しい存在そのもの。確かに異様に怪力だったりはするが、特別な能力があるわけでもない秋姫は,普通に人として扱われたいと思いつつ,お父さんのことも嫌いにはなれない。優しいヒロインだ。人なのに天狗に弟子入りした次郎坊の瞬や,眷属の仲間たち,母親,色々な人たちに支えられて,秋姫は女子高生らしく生きているし,天狗っていうのはむしろギャグ的な要素かなーとすら思える始まりなんだよね。秋姫は常に意思を尊重して...この感想を読む

4.04.0
  • kiokutokiokuto
  • 213view
  • 3119文字
PICKUP

関連するタグ

町でうわさの天狗の子を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

町でうわさの天狗の子が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ