ジャジャのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

ジャジャ

4.004.00
画力
4.50
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
3.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

ジャジャのあらすじ・作品解説

ジャジャ(JyaJya)は、小学館の漫画雑誌「月刊サンデーGX」で2000年10月号から連載されている日本の漫画。作者はえのあきらで、単行本はサンデーGXコミックスから刊行。また本編とは別に連載されているショートストーリー漫画「ミニじゃじゃ」も存在する。 とある賃貸マンションの1階でイタリアンバイク専門店「ゴブリン」を経営するクラシックイタリアンバイクファンの滝沢レナと、そのマンションの住人でレナに惚れているバイク便ライダーでカワサキバイクファンの宮城進武(ミヤギ)、そして2人の身内やゴブリンの常連客を中心とした人々がクラシックイタリアンバイクの歴史やバイクを操る楽しさを通じて親交を深めていく様子を描いたラブコメ作品。 大手自動車メーカーでデザイナーを務めた経歴を持つほどのバイク好きで、バイクへの造形が深い作者ならではのマニアックなネタが多いのが特徴で、バイクファンからも高い評価を得ている漫画である。

ジャジャの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
3.503.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ジャジャの感想

投稿する

従来のバイク漫画とは異なるストーリー展開に期待

バイクへの先入観を払拭するような登場人物のキャラクター設定まず、ジャジャという漫画は、イタリアンバイクの中でも古いレトロなもの、すなわち旧車のイタリアンクラシックバイクに着目し、どのような経緯で、そのデザイン、内部構造等が生まれたのかという点が詳細に描かれている作品です。この作品において取り上げているテーマである「バイク」については、どうしても、バイク好きな人間への先入観があるために、良い印象を有していない方も多いのではないでしょうか?バイク好きな人間への先入観としては、一般に、周りへの迷惑を考えない暴走族との因果関係ガラの悪い人間が多い清潔感のある人間が少ないなどの印象が挙げられるのではないかと考えられます。しかし、この漫画における主人公は、推定年齢30歳位の美人な独身女性と、推定年齢22歳位の見た目は普通のフリーターの二人です。このように、ジャジャという漫画において、バイクの良さ等...この感想を読む

4.04.0
  • なおわなおわ
  • 82view
  • 2102文字
PICKUP

ジャジャの登場キャラクター

伊藤昭芳

ニックネーム:イトーさん 性別:男性 国籍:日本 特徴:「ゴブリン」の常連 趣味:単車好き 物語上での目的:旧車との縁を作ってくれる 職業:医者 タイプ:考えや物言いは同業者から「医者らしくない」と言われるタイプ 若い頃:カミナリ族で鳴らした人物 家:開業医

坂上リュージ

よみがな:さかがみりゅーじ 性別:男性 国籍:日本 所属:スコーピオンズ ポリシー:単車に対する真摯な考え方を持つ 特徴:レナの師匠 価値観:ある出来事が原因でバイクでの事故に過敏な反応を示す 職業:カワサキのバイクショップのオーナー 整備の腕:良い 経験:技術を習得しバイトを辞める時にレナに告白されたの...

佐倉ヒロコ

よみがな:さくらひろこ 性別:女性 国籍:日本 所属:ビジブルウウインド 性格:非情に天邪鬼 特徴:本音が中々見えない 価値観:何でも自分の思い通りになるのが当然 物語上での目的:ミヤギや青田を手玉に取ろうとする 愛車:ヤマハ・RZV500Rのヤマハ・YZR500セミワークスチューン、ヤマハ・RD250フルチューン、ヤマ...

キャラをもっと見る(6件)

ジャジャに関連するタグ

ジャジャが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ