空手バカ一代のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

空手バカ一代

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
0

空手バカ一代のあらすじ・作品解説

空手バカ一代は、原作・梶原一騎、作画・つのだじろう、影丸穣也の1971年から1977年まで週刊少年マガジンで連載された漫画で、単行本としては全29巻が刊行されている。 極真空手の創設者として知られる大山倍達の半生を描いた伝記的作品で、日本の伝統的な空手に異を唱え、寸止めではなくより実践的なフルコンタクト空手を提唱する大山の姿を追った作品となっている。二部構成になっており、第一部は大山が世界各地の強豪と戦う様子を描き、極真会館を設立した第二部からはストーリーの軸が大山から当時の高弟である大山茂や芦原英幸などへとシフトしていく。 後の国際空手道連盟極真会館館長の松井章圭や極真会館増田道場の師範である増田章などは本作の影響で空手を始めたことで知られている。 1973年10月から1974年9月にかけてテレビ朝日系列にてアニメ版全47話が放映された。 1977年には千葉真一が大山を演じた劇場版が公開された。

空手バカ一代の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

空手バカ一代の感想

投稿する

空手バカ一代に関連するタグ

空手バカ一代が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ