銀と金のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

銀と金

4.674.67
画力
4.50
ストーリー
4.67
キャラクター
4.67
設定
4.67
演出
4.67
感想数
3
読んだ人
4

銀と金のあらすじ・作品解説

「銀と金」は1992年から1996年まで連載された日本のギャンブル漫画である。掲載誌は株式会社双葉社の発行する成人向けの月刊漫画雑誌「アクションピザッツ」で、全108話が掲載された。作者は1996年から連載を開始し1998年に第22回講談社漫画賞を受賞、2009年に実写映画化もされた「カイジシリーズ」の作者福本信行である。1992年に1巻が発売された双葉社発行のアクションコミックスピザッツ版が全11巻、双葉文庫名作シリーズの文庫版が全8巻、アクションコミックス新装版が全10巻発売されている。 フリーター森田鉄雄は競馬場で謎の男平井銀二に声をかけられる。日当10万の仕事を持ちかけられた森田は不信に思いながらも約束の場所へ赴き、そこで平井が「銀王」と呼ばれる裏社会の大物フィクサーであることを知る。平井の能力に惹かれた森田は彼と共に悪党たちの世界へ足を踏み入れていく。 1993年から1997年にかけて実写のオリジナルビデオが作成された。また、2010年にマルホン工業によりパチンコが制作された。

銀と金の評価

総合評価
4.674.67
(3件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.674.67
キャラクター
4.674.67
設定
4.674.67
演出
4.674.67

評価分布をもっと見る

銀と金の感想

投稿する

銀と金の登場キャラクター

平井銀二

森田鉄雄

梅谷哲

キャラをもっと見る(4件)

銀と金の名言

わいなんか…金持たにゃあサルやけんの 当たり前のことや…! しかし持っているうちは人として扱ってくれる…

梅谷哲

仕手攻防戦でヘタをうつと今にも金がなくなりそうな梅谷が取引銀行相手に放ったセリフ

人のスキをつけ…!欲望が飽和点に達した時…人の注意力はもろくも飛散する…!そこを撃て…!

平井銀二

これから単独で仕事をする森田に向けて手紙に書いた教訓じみたセリフ

他人を信じられない人間は、とどのつまり自分も信じられない、信じることが出来ない

森田鉄雄

猜疑心・警戒心ばかりが強くなってしまった中条が自分の目を信じられずに森田との眼力勝負に負けた時に森田が放ったセリフ

名言をもっと見る(9件)

銀と金に関連するタグ

銀と金を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

銀と金が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ