THE レイプマンのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

THE レイプマン

3.503.50
画力
4.00
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
3.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

THE レイプマンの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
3.003.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

THE レイプマンの感想

投稿する

昭和のタブー漫画、しかし意外と人情系

タイトルはあからさまだが問題シーンは意外に少ないこの作品は人権団体によって連載を止めざるを得なかったほどの作品なので、そのタイトル通り、と言わざるを得ない。一見ヒーローものの様な名称だが、クライアントの依頼を受けて(大義名分上は正義の鉄槌のために)ターゲットの女性をレイプするというタイトルの印象通りの展開である。この作品は昭和時代、子供の目につくところにもこのレベルの作品があったという資料としては興味深い。昭和50年代には、書店でも子供が容易に手に取れるコーナーで普通に販売されていたため、問題になったのだろう。現在の成人向けの漫画としては、意外に問題描写は少ない。一話完結型の作品だが、一話30ページほどの作品で、レイプシーンは数ページほどであり、しかも大ゴマの多様で相手の女性が抗う間もなくことが済んでしまう。作中、クライアントの事情やターゲットの周辺の問題などを掘り下げた、レイプとは無関係...この感想を読む

3.53.5
  • tamamatamama
  • 362view
  • 1112文字
PICKUP

THE レイプマンの登場キャラクター

岩崎圭介

THE レイプマンの名言

フンッ…所詮、世の中「傷つけ返し」さ!人を傷つけるやつは先に傷ついているのさ!そこを癒さないで行為だけを封じきれないんだ!

岩崎圭介

レイプすることを生業にしている人間に報復する報復屋を圭介が撃退した際に、原岡と交わしたセリフ。報復は癒されない限り繰り返されるということ。

THE レイプマンに関連するタグ

THE レイプマンを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

THE レイプマンが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ