らせんのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

らせん

0.000.00
映像
0.00
脚本
0.00
キャスト
0.00
音楽
0.00
演出
0.00
感想数
0
観た人
1

らせんのあらすじ・作品解説

大ヒットホラー映画「リング」の続編にあたるが、1981年に同時公開された日本のホラー・サスペンス映画。原作は鈴木光司の第17回吉川英治文学新人賞を受賞した同名小説で、TVドラマも制作された。監督/脚本はTVドラマ版「リング」の脚本を担当した「NIGHT HEAD」「アナザヘヴン」の飯田譲治、製作総指揮は一瀬隆重、特殊メイクは「叫」「リング」の松井祐一。 幼い息子を亡くし自殺願望に囚われている監察医安藤。かつての学友高山竜司の解剖を担当した彼は、胃から”DNA PRESENT”の意の紙片を発見し巻き込まれる。一方、高山の元妻玲子と息子陽一の遺体が発見され、彼女の取材ノートを見た上司吉野も死亡。安藤は遺体から発見された新種のウィルスをきっかけに、竜司の教え子で恋人の舞と共に謎を追うが…。 安藤を「ホワイトアウト」の佐藤浩市、舞を前作からの中谷美紀、竜司を真田広之、玲子を松嶋奈々子、貞子を「ギプス」の佐伯日菜子、宮下を鶴見辰吾が演じている。他に、松重豊、伴大介、鈴木光司(カメオ出演)など。

らせんの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

らせんに関連するタグ

らせんが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ