バットマン フォーエヴァーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

バットマン フォーエヴァーのあらすじ・作品解説

バットマン フォーエヴァーは1995年公開、ワーナー・ブラザーズ配給の映画であり、世界興行収入が3億ドルを突破した作品である。 アメリカン・コミックス「バットマン」を原作とした1989年の同名映画のシリーズ三作目であるが、前作からスタッフ、キャストともに一新された。 この作品はヒーローであるバットマンに恨みを抱くトゥーフェイス、バットマンの正体ブルース・ウェインに研究を否定され恨むエドワード・ニグマという二人の悪役が手を組むことでバットマンを追いつめていくが、バットマンも新たな仲間ロビンとともに二人に立ち向かっていくという作品である。 監督は「ロストボーイ」や2004年の映画版「オペラ座の怪人」のジョエル・シュマッカー、脚本は「ダ・ヴィンチ・コード」では脚本、「パラノーマル・アクティビティ」シリーズでは製作総指揮をつとめたアキヴァ・ゴールズマンが参加し、今作以前では監督をつとめていたティム・バートンは製作という形で参加している。

バットマン フォーエヴァーの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

バットマン フォーエヴァーに関連するタグ

バットマン フォーエヴァーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ