ギャラリーフェイクのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

ギャラリーフェイク

4.804.80
画力
4.80
ストーリー
4.80
キャラクター
4.80
設定
4.80
演出
4.80
感想数
1
読んだ人
1

ギャラリーフェイクのあらすじ・作品解説

ギャラリーフェイク(Gallery Fake)は、1992年から2005年にかけて週間漫画誌ビッグコミックスピリッツで不定期連載された漫画で、細野不二彦原作の青年向け漫画である。 元メトロポリタン美術館の凄腕のキュレーターであり、贋作専門の画廊を経営する主人公・藤田玲司とその助手サラ・ハリファを中心に、美術品や芸術品を巡る事件や出来事を通してアートの本質とは何かを問いかける物語である。 芸術作品のみでなく関連した社会問題・時事問題などのさまざまなテーマを、薀蓄や歴史の紹介なども交えながらさまざまな切り口のストーリーで展開していく社会派作品となっている。 2005年には全37話にわたってアニメが制作され、主にテレビ東京系列で放映された。また、ゲームやWEBドラマも制作されている。 単行本は小学館ビッグコミックスから全32巻、文庫版が全23巻出ているほか、2014年に発売された細野不二彦短編集に番外編が1編収録されている。また、2012年には東北大震災の復興支援企画として本作の新作が発表された。

ギャラリーフェイクの評価

総合評価
4.804.80
(1件)
画力
4.804.80
ストーリー
4.804.80
キャラクター
4.804.80
設定
4.804.80
演出
4.804.80

評価分布をもっと見る

ギャラリーフェイクの感想

投稿する

芸術の世界を描いた独特な世界観がすごい!

美術好きな友人にすすめられて読み始めたのがきっかけですが、この作品もかなり夢中になりました。特に印象に残っているのはゴッホのカルマン渦の話で、とても専門的な内容でかなり勉強して描かれているなと感じました。難しい美術の話ばかりではないので、興味のない人でも楽しませるバランスの良さが人気の要因だと思います。主人公の藤田は世界中を買い付けで飛び回るのですが、意外と質素な暮らしをしていたりと不思議なキャラクターに魅力を感じました。元はエリートな学芸員が贋作を扱うという危ない仕事をしてしまうという設定も女性ファンを夢中にさせたと思います。危険な仕事なのだけれど、藤田は自分の価値観や信念を持っているところはこの作品の品格を上げている理由なのではないでしょうか。また、藤田は身近な人たちには愛される人柄の良さも持っているのですよね。エリートなのに闇の世界で仕事をしているという点では、同じ職業系漫画では...この感想を読む

4.84.8
  • ありすありす
  • 7view
  • 506文字

ギャラリーフェイクの登場キャラクター

藤田玲司

よみがな:ふじたれいじ 生年月日:6月22日生まれ 年齢(作品時):30代後半 住まい:風呂なしボロアパートに住んでいる。 所属:東京のウォーターフロントで贋作・複製などの美術品を専門に扱うアートギャラリー「ギャラリーフェイク」の経営者。 特徴:若作りだが、基礎体力は女性以下かつ運動嫌い。腰痛持ちの為...

千手計

よみがな:せんじゅはかる 性別:男性 国籍:日本 所属:千手堂 性格:初心でやや神経質 特徴:根っからの時計好き 価値観:独特の哲学を持つ 物語上での目的:自身の専門分野(精密機械時計)の最高峰を目指している 実家:大手時計メーカー 職業:超高級機械式時計専門店店主

地蔵大作

よみがな:じぞうだいさく 性別:男性 国籍:日本 所属:高級料亭『望月』 特徴:風雅を地で行く趣味人 価値観:一流の目利きでないことを自覚している 特技:日本文化の造詣が深く審美眼もある 容姿:丸顔の肥満体 持論:私は目利きとしては二流だが、一流の人間を見抜く目はある 現在:認知症になった父親の介護をして...

キャラをもっと見る(5件)

ギャラリーフェイクの名言

オレは……”美の殿堂”メトロポリタン美術館の元キュレーターだぞ。 だから、美しいと思ったものしか……そばにおきたくないんだ!

藤田玲司

主人公が、ずっとそばにいてくれた押しかけ秘書である女性への気持ちにようやく気付き、その思いを打ち明けた言葉。

ギャラリーフェイクに関連するタグ

ギャラリーフェイクを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ギャラリーフェイクが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ