となりの怪物くんのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

となりの怪物くん

4.634.63
映像
3.88
ストーリー
3.75
キャラクター
4.00
声優
4.00
音楽
3.50
感想数
4
観た人
6

となりの怪物くんのあらすじ・作品解説

となりの怪物くんは、2012年10月から12月までテレビ東京系列で放送されていたアニメ作品である。原作は、月刊誌デザートに掲載されていた青春コメディの少女マンガで累計発行部数が2013年8月時点で450万部を突破している。また、第34回講談社漫画賞少女部門ノミネート作品でもある。 幼少期から常に学年で成績トップをとり続けていた主人公水谷雫は、成績と弁護士になる事以外に興味がない学生生活を送っていた時に停学処分を受けた後から不登校になっている吉田春にプリントを届ける事を担任に頼まれる事から物語が始まる。破天荒で常識のない吉田春が起こすトラブルに巻き込まれながら新しい友達や今まで経験した事のない感情を感じながら成長していく。高校生ならではの友情から恋愛をメインに修学旅行、体育祭や文化祭といったイベントを通してそれぞれのキャラクターの成長を見る事が出来る作品である。主役の2人以外のキャラクターがメインになる事も多いといった特徴がある。

となりの怪物くんの評価

総合評価
4.634.63
(4件)
映像
3.883.88
ストーリー
3.753.75
キャラクター
4.004.00
声優
4.004.00
音楽
3.503.50

評価分布をもっと見る

となりの怪物くんの感想

投稿する

嫌いにはなれない

ざっと内容説明簡単にいうと恋愛。説明すると、ドライアイスと呼ばれるほど淡々としていて、勉強だけという感じの主人公水谷雫。そんな水谷雫のとなりの席の吉田春。吉田春は最初学校に来ていなかったが水谷雫がプリントを届けてくれたことなどがきっかけで学校にくるようになる。吉田春のまわりも水谷雫のまわりも2人の出会いをきっかけに輪が広がってゆき2人の距離もだんだん縮まってゆく。春の優しさ吉田春こと春は、暴力的なところがあるが動物大好きですごく優しい性格。でも、思ったらすぐ行動してしまうから、たまにまわりに勘違いされることがたたある。そんな春だが、特にいいなぁと思えたシーンがあった。それは、大島さんが先輩に「お前いらない」と言われた時に春はすぐに反論しにいったところだ。知らない人のためにもそこまでできる春は半端なくかっこいいと思った。性格はかなりいい。友達が泣いてるなら慰める、言葉をかけてあげる、とにか...この感想を読む

5.05.0
  • まよらーまよらー
  • 50view
  • 2033文字
PICKUP

楽しいアニメ!

漫画同様おもしろい!結論としておもしろかったです。自分好みのアニメだったと思います。5回くらいリピートして見れるくらいにはおもしろいアニメだったと思います。又、アニメならではのおもしろさがあったと思います。これはBGMや効果音が関係してると思いますが、漫画では表現があまりされなかったり、イメージできなかった事がアニメではされていて緊迫感などより一層強く伝わってきました。声優さんがイメージ通り!となりの怪物くんを最初に知ったのは漫画でした。全巻揃えて、何度かリピートして読んでいるうちになんとなくWebで「となりの怪物くん」と調べてみるとアニメもある事が発覚!すぐにビデオ屋さんに行きました。今までも漫画や小説を読んでからアニメを知って見る事は結構あったのですが、漫画や小説からイメージした声と実際の声優さんの声が違う事がほとんどで、あまり好きになれない事が多かったのですがこの作品は驚く事にほぼ全員イ...この感想を読む

5.05.0
  • ゆいたろーゆいたろー
  • 28view
  • 1006文字

春の真っすぐな所が素敵です。

漫画で読んでいたのでアニメ化されると知って見ない訳はありませんでした。凄く好きなお話しです。雫は自分の成績にしか興味がなくお友達なんて必要ないと考える女の子。でも雫は春に出会う事に寄ってどんどん人間らしくなっていきます。春は一見不良ですが相手の事をしっかり考えて行動できる優しい男の子。でも変人で人間関係を築くのが苦手な為、お友達ができず悩みを抱えています。その葛藤も描かれているのですが少し切ない。春頑張れ!!と応援したくなります。そんな正反対の2人ですが春の強引な行動が重なっていつの間にかお友達になり、いつの間にか好き同士になります。2人の周りに段々とお友達が増えて行くのも見どころです。春の言葉はいつも真っすぐで、その言葉は時に傷つく事もあります。春はそんなつもりは全然ないのですが…春の言葉には胸キュンさせられたりガッカリさせられたり色々です。雫も苦労するな…と思いました。春も雫も恋愛初心...この感想を読む

5.05.0
  • あきしのまるあきしのまる
  • 8view
  • 554文字

感想をもっと見る(4件)

となりの怪物くんの登場キャラクター

水谷雫

よみがな:みずたにしずく ニックネーム:しずく 血液型:B型 身長:158cm 星座:水瓶座 性別:女 所属:松楊高校 性格:冷静かつ淡白 髪型:二つ結び 家族構成:母、父、弟

山口賢二

よみがな:やまぐち けんじ ニックネーム:ヤマケン 生年月日:5月9日 血液型:A型 身長:177cm 性格:極度の自信家で非常にプライドが高い 特徴:海明学院の生徒でハルのライバル(主に雫関係)。一人で出歩くと迷子になってしまう程の方向音痴でもある。 嫌いな食べ物:ニンジンと白菜 家族構成:祖父、祖母、父、母、...

夏目あさ子

よみがな:なつめ あさこ 生年月日:7月2日 血液型:O型 身長:157cm 性別:女 所属:1年B組→2年B組 性格:素直で明るくアップダウンの激しい性格 特徴:雫達のクラスメイトで彼女たちの友人。口調はくだけた敬語。美少女で、月に3度は告白されるほど男子からの人気が高いが、本人はそれが大嫌い。 趣味:可愛いもの ...

キャラをもっと見る(8件)

となりの怪物くんの名言

現状に不満があるなら 自分で改善すればいい それができないのは 結局本人の問題でしょう

水谷雫

該当キャラは図書室で勉強している。主要キャラ2人が、友達の少ない子に友達ができるように協力しようとする。2人は図書室でその話し合いを進める。該当キャラはそのまま勉強しているが、その話し合いの趣旨に対してこの台詞を発する。

さみしいっつーのは相手がいるから感じるもんだよ

山口賢二

ハルへの恋心をどうしていいかわからなくなった雫は、なかったことにしようと周囲の人との関わりを立ち一人にもどろうとする。今までは一人でも寂しさを感じることはなかったが、雫はもうひとりではないと自覚させた名言

「振られてダメなら食らいつけ!」ですよ!

夏目あさ子

友人の吉田春が同じく友人で好きな人である水谷雫に振られ、弱気になっているところで春を励ますために発せられたセリフ。

名言をもっと見る(4件)

となりの怪物くんに関連するタグ

となりの怪物くんを観た人はこんなアニメも観ています

となりの怪物くんが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ