天国に一番近い男のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

天国に一番近い男

4.004.00
映像
2.50
脚本
3.50
キャスト
3.00
音楽
3.00
演出
3.00
感想数
1
観た人
1

天国に一番近い男のあらすじ・作品解説

天国に一番近い男は、2001年4月13日から6月29日にかけてTBSにて放送された、TOKIO松岡昌宏主演のハイテンション・コメディ・ドラマである。 松岡昌宏演じるダメ男の甘粕四郎が陣内孝則扮する自称天使に死を宣告されてしまう。自称天使に言われた「命題」をクリアしなければ即死亡となる、命をかけた「命題」に挑んでいく…。また、命題の期日とドラマの放送日を一致させていることから、ドラマと現実世界との繋がりもあった。 共演者に、陣内孝則、奥菜恵、池内博之、窪塚洋介といった豪華俳優陣が集結したことでも人気があった。 脚本:おちまさと・細川徹、音楽:仲西匡・池頼広、演出:吉田秋生・片山修・金子文紀・戸高正啓、主題歌:「メッセージ」TOKIOが担当。 2010年6月2日にTCエンタテインメントより「天国に一番近い男-教師編- DVD-BOX」が発売された。この「教師編」は1999年1月に放送された「MONOカンパニー編」と区別するために、「教師編」と付けられた。

天国に一番近い男の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
2.502.50
脚本
3.503.50
キャスト
3.003.00
音楽
3.003.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

天国に一番近い男の感想

投稿する

ストーリーはおもしろい、、

当時リアルタイムで、幼いながらに面白いなぁと思いながら見ていた記憶があります。生きるために、良い事をしていく、、、その中で、様々な人との関係が深まっていったり、特に天童との絆が深まることに、安心とワクワク、最終的な展開への期待感が高まっていき、総合的に、楽しい作品でした。数年前にビデオレンタルで改めてみましたが、やはり面白く感じましたね。一昔前の作品ということで、映像や、音楽が古く感じたり、展開に少し無理がある場面もありましたが、脚本、テーマが面白いことで、気にせず楽しめました。ひとつ、残念?に感じたところとして、最終回、最後の実は天童は、、、の部分でしたね。精神患者として、迎えに来られて、連れ去られて、、、天童とはいったいなんだったのか、すこしわかりずらかったです。本当に精神患者で、それに振り回されていただけなのか、神様が乗り移っていたのか、精神患者のふりをしていたのか、、、受け手で...この感想を読む

4.04.0
  • やーまんやーまん
  • 281view
  • 628文字

天国に一番近い男の登場キャラクター

隠岐之島和也

よみがな:おきのしまかずや 生年月日:1977年6月1日 年齢(作品時):23歳 性別:男 性格:要領だけはよく、こずるい ポリシー:何でもつらくなるとすぐに辞めてしまう 物語上での目的:突きつけられる命題をクリアできなければ即死亡。難題を毎回乗り越えていく。 トラウマ:幼少の頃に母が失踪した 職業:有栖川学園...

甘粕四郎

年齢(作品時):21歳 性別:男性 国籍:日本 住まい:東京 性格:投げやりになるダメな男 特技:福岡のスケートボード大会で優勝したことがある 物語上での目的:福岡から上京し、兄三人は東大に合格しエリートコースを進んだのに対して、二浪しても大学に受かることさえできず終わる 家庭事情:母子家庭 口癖:「どう...

天国に一番近い男に関連するタグ

天国に一番近い男を観た人はこんなドラマも観ています

天国に一番近い男が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ