花の乱の評価/評判

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

花の乱の評価

花の乱についての評価と各項目の評価分布を表示しています。実際にドラマを観たレビュアーによる評価が1件掲載中です。

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.804.80
音楽
5.005.00
演出
4.004.00

各項目の評価分布

総合評価

4.504.50
5.0
0
4.5-4.9
1
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

映像

5.005.00
5.0
1
4.5-4.9
0
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

脚本

4.004.00
5.0
0
4.5-4.9
1
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

キャスト

4.804.80
5.0
0
4.5-4.9
1
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

音楽

5.005.00
5.0
1
4.5-4.9
0
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

演出

4.004.00
5.0
0
4.5-4.9
1
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

花の乱の感想

花の乱は大河ドラマ最高レベルの名作

【名作の理由その1】音楽、映像が素晴らしいこのドラマの時代である室町時代の文化を表すために、音楽と映像にはかなりこだわっていることがうかがえます。私が一番好きなのはオープニングの曲と映像で、三枝成彰氏が手掛けた音楽と、桜や滝など自然を背景に能面をつけた女性が静かに舞う映像です。前半は静かなピアノの独奏と、満開の桜の中で静かに舞うイメージの映像がマッチして室町時代の文化の華やかな部分を想像させます。そして中盤からは、音楽が盛り上がると同時に荒廃した土地に戦で果てた兜が転がる映像など次第に荒々しいイメージで場面が転換し、最後は、また自然の中で女性が舞う映像に戻るのですが、前半とは打って変わって激しくドラマチックな音楽の中で、湖を思わせる水面の上で美しく舞う姿はとても力強さを感じさせこれから始まるドラマへの気持ちを盛り上げてくれます。もう1つは、室町時代の北山文化を代表する建築物の一つである...この感想を読む

4.54.5
  • koukoukoukou
  • 1561view
  • 2111文字
PICKUP

花の乱が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ