ゲド戦記のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,472件

ゲド戦記

4.254.25
映像
5.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
声優
4.50
音楽
5.00
感想数
2
観た人
2

ゲド戦記のあらすじ・作品解説

「ゲド戦記」は、スタジオジブリによって制作された劇場用アニメーション作品である。公開は2006年7月。監督は宮崎吾朗。アーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説を原作としており、特に第3巻の「さいはての島へ」をもとに映像化している。また、宮崎駿の「シュナの旅」も原案として本作品に影響を与えているため、小説版の「ゲド戦記」とは異なる表現・ストーリー展開もふくまれている。 監督以外の主なスタッフは、脚本が宮崎吾朗と丹羽圭子。音楽が寺嶋民哉。作画監督は稲村武志。美術監督は武重洋二。色彩設計は保田道世。主なキャストは、主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役に手嶌葵、ハイタカ(ゲド)役に菅原文太、クモ役に田中裕子。その他、香川照之、倍賞美津子、小林薫なども声を担当している。 物語は、国を飛び出した王子であるアレンが魔法使いハイタカと出会い、世界の異変の原因を探る旅が描かれる。旅の途中でテルーとの出会いやハイタカに復讐を誓う悪の魔法使いクモとの戦いが展開する。

ゲド戦記の評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
5.005.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
声優
4.504.50
音楽
5.005.00

評価分布をもっと見る

ゲド戦記の感想

投稿する

ジブリらしい世界観

独特な世界観が展開今までのジブリの作品とはまたちょっと違った世界観だなーっていうのがありましたね。きっと監督が息子さんだからっていうのもあったんでしょうけど、宮崎駿作品とはまた少し違う魅力があった作品だと思います。というか最初から最後まで暗めというか明るいようなところがほとんどなかったような気がします。だからなのか全体的に重めなストーリーだなーって思いました。海外の作品もモチーフにしているっていうのもあってなのか日本にはないようなストーリー展開していた気がしますね。声優陣が豪華主人公の声がV6の岡田さんっていう時点でなかなか豪華だと思ったんですけど、他の人たちもそうそうたるメンバーでしたね。香川照之さんとか夏川結衣さんとかドラマなどでも大活躍している人たちがたくさん出ていたのでそういうところでも楽しめましたね。なんせ皆さん声だけでも演技力がすごいなと思いましたね。まぁ、岡田さんはちょっと...この感想を読む

5.05.0
  • ぽんぽん
  • 77view
  • 3025文字
PICKUP

有名じゃないジブリ作品

この作品はジブリでありながら、見た事がないジブリ作品ランキングというものに入っていた作品です。ジブリというのはファンタジーであり、大人も子供も楽しめる物語が多いと思いますが、この作品は大人向けかもしれません。はっきり言って、コメディー要素0。笑える所はないです。ですが作画はやはりジブリ。素晴らしいファンタジーではあります。監督は宮崎吾朗監督。宮崎駿さんの息子さんだそうです。主人公アレンは一国の王子でありながら、父親である王様を殺害してしまう。その後王の剣を奪い、国から逃亡してしまうことから物語がはじまります。アレンは旅の途中でハイタカと出会います。ハイタカは大賢人であり魔法使い。昔はゲドと呼ばれていた。アレンはハイタカに助けられながら旅を続け、人狩りにあっている少女テルーと出会うのです。テルーは昔両親に虐待をされていた少女。顔と心に傷があり、なかなか人には心を開かない。命をを粗末にしよ...この感想を読む

3.53.5
  • まいぴんまいぴん
  • 30view
  • 607文字

ゲド戦記の登場キャラクター

テルー

よみがな:てるー

ゲド戦記の名言

死ぬことがわかっているから命は大切なんだ

テルー

最後の戦いが終わってさようならしてアレンを抱きしめている場面

命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ!!

テルー

テルーが命を粗末にしていると感じアレンに言った一言。

ゲド戦記に関連するタグ

ゲド戦記を観た人はこんなアニメも観ています

ゲド戦記が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ