みゆきのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

みゆき

4.004.00
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
声優
3.00
音楽
3.00
感想数
1
観た人
1

みゆきのあらすじ・作品解説

この作品は1983年3月~12月、1984年2月~4月までキティフィルム制作フジテレビ系列で放映された、あだち充原作のテレビアニメである。全37話。木曜19時30分から30分間放映された。1983年には荻野目洋子をヒロインに映画化もされている。 平凡な高校生の主人公若松真人と容姿端麗・成績優秀な血の繋がらない義理の妹と美人で清楚な同級生二人のみゆきとの三角関係を描く。最終話では、サッカー選手と結婚することになった義理の妹への深い思いに気が付いた真人が披露宴の際、妹に気持ちを伝える所でお互いの気持ちに気づく。 このアニメは後にあだち充の代表的なヒット作になる「タッチ」や「日当たり良好」などの先駆けとなった作品である。このアニメのエンディングテーマ「思い出がいっぱい」はアニメの内容を彷彿させる歌詞が好評となり、のちに教科書に掲載されるほどの名曲となった。また原作はコミックス全12巻で1980年~1984年まで小学館少年ビックコミックに連載され第28回小学館まんが賞少年少女部門を受賞している。

みゆきの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
声優
3.003.00
音楽
3.003.00

評価分布をもっと見る

みゆきの感想

投稿する

あだち充の代表的傑作!『みゆき』の他作品を比較してみた

あだち充の原点 その後発表される作品の伏線のような作品『みゆき』は、あだち充の最初の代表作といえるような作品(また、Wikipediaには「妹萌えの原点」とも記されている)。実際、このアニメは古いながら、ストーリー性の良さから最初から最後まで楽しく観ることが出来た。また、この作品にはあだち充の後の代表作である『H2』や『クロスゲーム』に通じるものが見える。本投稿では『みゆき』をあだち充の他の作品との比較を行なう。H2やクロスゲームといった、他作品との共通点『H2』とは、二人の野球少年と二人の少女の計4人を中心に展開される野球青春物語である。また『クロスゲーム』は、主人公が亡くなった初恋の女の子を想いながら、ピッチャーであるその子の妹と共に甲子園を目指す物語である。なんと、この作品に出てくるヒロイン二人に非常に似ているのだ。まず、3作品共にヒロインが2名ずついるという共通点がある。『みゆき』は若松みゆき...この感想を読む

4.04.0
  • aoi560aoi560
  • 439view
  • 2011文字
PICKUP

みゆきの登場キャラクター

若松真人

よみがな:わかまつまさと 年齢(作品時):16歳 血液型:AB型 性別:男性 国籍:日本 住まい:日本 所属:高校生 性格:軟弱で優柔不断、スケベで単純 ポリシー:とにかくみゆきが大事 特徴:人に対する思いやりが人一倍強く、いざという時は頼れる男 癖:妹のみゆきと一定期間会えないと、体調を崩す

若松みゆき

よみがな:わかまつ みゆき 生年月日:1966/2/9 血液型:AB型 性別:女性 国籍:日本 住まい:日本 所属:青華高校 性格:勝ち気で何事もはっきりいう明朗快活な性格 特徴:帰国子女 特技:英語、勉強 トラウマ:母親がいないこと、それによって鹿島みゆきにコンプレックスを感じる

若松和人

よみがな:わかまつかずと 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

キャラをもっと見る(10件)

みゆきの名言

女は愛する男より愛してくれる男と結ばれたほうが幸せになるって言うけど…本当かな?

若松みゆき

幼馴染に結婚を申し込まれて真人に相談した時、結局止めてもくれない真人に言ったセリフ

俺がこんなにつらく苦しくなるのはまた一番大事なものを失おうとしてるからだと思います。

若松真人

みゆきの結婚式でのスピーチで、やっと本心を言った真人のセリフ

みゆきに関連するタグ

みゆきが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ