人工妖精は蝶の夢を見るか? - スワロウテイル 人工少女販売処の感想

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

スワロウテイル 人工少女販売処

4.504.50
文章力
3.50
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
2.50
演出
2.50
感想数
1
読んだ人
1

人工妖精は蝶の夢を見るか?

4.54.5
文章力
3.5
ストーリー
5.0
キャラクター
5.0
設定
2.5
演出
2.5

目次

死ねば蝶になる人を模したモノたちの物語

ハヤカワ文庫より刊行されている籘真千歳(とうまちとせ、籘が旧字なので注意)の小説、全4巻ある作品の第一巻である。

ある病気の蔓延により、感染者は異性と触れ合うことができなくなった未来の日本。関東湾に浮かぶ人工浮島を男女二つに分け、男性側は女性型、女性側は男性型の「人工妖精<フィギュア>」と呼ばれる人造人間と共に生活する世界。

人工妖精は微細機械と呼ばれる細菌レベルの小さな機械で構成され、微細機械は蝶の姿に集まり、人工浮島内を自由に飛び回っている。死んだ人工妖精の肉体も蝶となり、いずれまた新たな人工妖精の肉体に生まれ変わるのである。

この幻想的な世界を美しく表現しているのが、籘真氏の丁寧な文章と竹岡美穂氏の透明感溢れるイラストだ。私自身、この本を手に取ったのは竹岡美穂氏のファンだったからである。結果的には、釣られてよかったと心から思っている。

執刀は抹消抗体襲名、詩藤之蛾東晒井ヶ揚羽。お気構えは待てません。目下、お看取りを致しますゆえ、自ずから然らずば結びて果てられよ!

人工妖精<フィギュア>、蝶型微細機械群体<マイクロマシン・セル>、精神原型師<アーキタイプ・エンジニア>、海底の魔女<アクアノート>、全能抗体<マクロファージ>・・・

この作品には、難しい単語や独特な表現が多量に存在する。ありていな言葉を使ってしまうと、非常に中二臭い。

また、主人公の揚羽は「規格外」と呼ばれ、世間の評価で言えばできそこないの人工妖精だ。しかし他の人工妖精にはない特性をいくつも持っていることから、秘密の組織からの任務で狂った人工妖精を始末する仕事に就く、言ってしまえば必殺仕事人だ。見出しに引用した台詞も、揚羽が人工妖精と戦う際に述べる口上だが、読む分にはかっこいいが、私に言えと言われてもお断りしたい。

作者の籘真氏はもともとライトノベルでデビューしただけあり、こうした10代の男子が気に入りそうな要素が無数にちりばめられている。壮大な世界観、重苦しいテーマ、不安感を募る設定の中に、こうしたテイストを混ぜることで、物語を暗くしないようにしているのも本作の魅力だ。ここに関しては好き嫌いがはっきりするだろうが、私は大好きである。

アンドロイドは人を写す鏡

人造人間を主題とした作品は非常に多い。鉄腕アトムやキカイダー、古くはピノキオなども該当するだろうか。個人的にはAIの遺伝子という漫画が最近のお気に入りだ。

こういった作品でよく見られるのは、「機械で作られた人間は、どこまで本物の人間に近づけるか」というテーマである。自分が機械であることからの苦悩や、人間との違いから生まれる葛藤、差別など、悲劇的な物語も多い。

この作品でもそういったテーマが主題に置かれている。だが、この作品が他の「人造人間もの」と異なるのは、人工妖精の心を見ることで、読者に人間の心を問いかける点である。

前提として、この世界の人工妖精には心がある。製作者によってプログラムされ、五原則(アイザック・アシモフのロボット三原則に、情緒を制約する二原則を加えたもの)で制御されていても、一人一人に感情があり、哲学的ゾンビではなく考えて行動することができる。

では、死んだ人工妖精の心はどこに行くのか。微細機械になり、蝶になり、別の人工妖精になるのを待つ身に、記憶と感情は残っているのか。

だがそれは人間だって同じだ。有機物の体だって死ねば微生物に分解され、土の中に消え、巡り巡ってまた誰かの細胞になるかもしれない。

籘真氏はロボットの苦悩ではなく、人間を人工妖精というわかりやすい媒体に置き換えることで、死生観や哲学を語っているといえる。

哲学的な話は、主に揚羽の養母である詩藤鏡子が説明する形で文章に起こされている。ここははっきり言って、長い。読んでいて疲れる。もう少し簡潔にまとめてくれれば、サクサク読むことができてより大衆受けするのではないかと思ってしまう。だが、少し大変でもそこをじっくりと読んでいけば、自分の心の受け方が大きく変わるだろう。私の拙いレビューで、読んでみたいと思った人がいれば、そこだけ気を付けてほしい。疲れたら多少読み飛ばしてもいい。

一番オススメな点

揚羽がかわいい。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

スワロウテイル 人工少女販売処が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ