ただの王道恋愛ものじゃない、いろいろ楽しめる作品 - MARS~ただ、君を愛してる~の感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,144件

MARS~ただ、君を愛してる~

4.504.50
映像
3.25
脚本
3.75
キャスト
4.50
音楽
4.25
演出
4.50
感想数
2
観た人
2

ただの王道恋愛ものじゃない、いろいろ楽しめる作品

4.04.0
映像
3.0
脚本
4.0
キャスト
4.0
音楽
3.5
演出
4.0

目次

懐かしの主題歌と主演のKis-My-Ft2の主題歌

このドラマのOPはKis-My-Ft2の「Gravity」。

前奏からドキドキする良い曲ですね。

Kis-My-Ft2の中でもかっこいい楽曲になっていると思います。

そしてこのドラマのEDはレベッカの「フレンズ」。

若い世代の子は知ってるかな?若いKis-My-Ft2や窪田正孝ファンの子はこのドラマで知ったという事もあるでしょう。

今聞いても名曲ですね。

どこで壊れたのフレンズ…これはどことなく零から感じていた牧生なのかなと思ったり…。

壊れていくフレンズ

うまく零に近づいていく牧生。零は心を許したり、恋敵だと思ってキラは渡さないと宣戦布告したり。

どっちにしろ「友達」と思っていた事は確か。

2人でキラを襲おうとした先生も退治しましたしね。

ところが零がパニックを起こし過呼吸になって倒れた時に、みんな真実に気づきます。

気づいていないのはドラマの中の登場人物だけ(笑)

そう、牧生が好きなのはキラじゃなくて零だった!

好きというか暴力的な零が良かったんですね。

人工呼吸に見立ててキスをします。

あれで助かるわけないだろー!と突っ込みが聞こえてきそうですが、零は目を覚まします(笑)

撮影時にも仲が良かった2人

零を演じる藤ヶ谷太輔さんと牧生演じる窪田正孝さん。

藤ヶ谷さんが1歳年上だそうで、年齢も近く、2人とも人見知りで気が合って仲が良いみたいです!

MARS以外のドラマで共演した時に1人だった窪田さんに藤ヶ谷さんが声をかけた事がきっかけで仲良くなった2人。

例のキスシーンも何度もやり直しさせられたみたいですが、「太輔くんだったから出来た」と笑って話す窪田さん、とても微笑ましい2人ですね。

おそらくこの2人のキスシーンは他では見れないと思うので、じっくり見ましょう!(笑)

続きは映画で…ドラマでは何も解決しません

徐々に明らかになっていた牧生の本性。

ドラマもう終わるけど解決するの!?と思ってたら全く解決せずに映画に続きます(笑)

キラが男性に対してトラウマを持っているようなシーンが何度も流れますがそれも解明しないまま。

もしかしたら牧生が絡んでる?と思わせるシーンを入れて終了。

うーん気になる!

ドラマは回想シーンが多すぎる!

深夜に30分でやっていたMARS。

同じシーンが何回も何回も流れて低予算なのかなと思いました。

話題の2人をW主演にしているから仕方ないのかなぁ。

これなら映画で前編、後編に分けても良かったんじゃないかなぁと思いました。

でもキスシーンが何度も見れるのはお得!(笑)

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

それぞれの、複雑な恋愛ストーリー

正反対の2人の純粋な恋愛主人公である樫野零は、ヤンチャなタイプで学校でも目立つタイプの明るい男子で、最初に登場した時から「モテそうな感じだな」と思いました。一方、麻生キラは人付き合いが苦手な、学校でもかなり大人しく全然目立たないタイプの女子で、この2人が今後惹かれあって恋人になるなんて、一体どうなるの?!と想像もつきませんでした。そんな2人の出会いはとても運命的で、海でたまたま道を尋ねた子がクラスメイトの女の子だったなんて、そんな憧れのシチュエーションにドキドキしました。初めは、キラは零のような活発な男子は苦手なようで避けているようでしたが、それでも話しかけてくる零に少しずつ心を開いていき、付き合うことになった2人を見ていると、零もそれまでとは違い、真剣に、純粋な恋愛をしているんだなと思いました。暴力的だった今までとは違い、優しさに溢れた零は本当に素敵でした。きっと、心の綺麗なキラだからこ...この感想を読む

5.05.0
  • ゆるゆるゆるゆる
  • 14view
  • 2044文字
PICKUP

関連するタグ

MARS~ただ、君を愛してる~を観た人はこんなドラマも観ています

MARS~ただ、君を愛してる~が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ