ヨスガノソラを全話視聴しての感想 - ヨスガノソラの感想

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

ヨスガノソラ

3.753.75
映像
4.25
ストーリー
2.75
キャラクター
4.25
声優
4.25
音楽
3.75
感想数
2
観た人
2

ヨスガノソラを全話視聴しての感想

4.04.0
映像
3.5
ストーリー
3.5
キャラクター
3.5
声優
3.5
音楽
2.5

目次

全体的な感想

「ヨスガノソラ」2010年10月に放送されたエロゲ原作のアニメですね。

ストーリーは両親を突然の交通事故で亡くした双子の兄妹が、田舎にある医者だった亡き祖父の家へ移り住み、その兄妹2人の生活や、主人公の恋愛を描いた物語というもの。

監督は「狼と香辛料シリーズ」や18禁など色々なアニメを手掛けた高橋丈夫。

シリーズ構成も「狼と香辛料シリーズ」の方です。

確かに言われてみると、香辛料に全体的な雰囲気が似ている気がします。 エロシーンの入れ方……とか。

第一話を最初に見たときは驚きました。映像の綺麗さ、少ないセリフで人間関係や大まかな物語がスムーズに分かり、それがまとまっていて。なおかつ、同時間軸上で出会いや再会を行っているのです。

導入エピソードとしては、完璧なんじゃないでしょうか?

エロゲらしい設定とヒロイン達。言っちゃえば、ありきたりです。

作画もいいですが、全体的なキャラの作画は線が直線的でカクカクとしていて少しばかりがっしりとした印象。もう少し、柔らかめの女の子っぽい線が良かったです……。

音楽も作品も良いのですが、全体的に飛びぬけている……ってわけではないですよね。

穹ちゃん無双

ヨスガノソラ――と聞いて、一番はじめに思い浮かべるヒロインはやっぱり「穹」じゃないでしょうか?

もはや、穹だけでアニメ全体が持っていると言っても過言ではないと思います。

アニメの見た感じ、1人1人の話の内容が薄すぎる印象。

のデザイン・性格が良すぎて他のヒロインがみんな印象に残らない。 

というより、他のヒロインが全体的にテンプレすぎて地味なんですよね。

そういう点を引き抜いても、やはり何倍も印象に残ります。

10話までの間、穹のエロシーンはまだかな~と首を長くして待ったのも良い思い出です。

10話での待ちに待った解禁シーン。まさかの規制が入るという事態。

あれはとてもショッキングなものがありましたw

11話の問題のセックスシーン。

禁忌を犯してしまった兄妹の生々しさが絶妙に表現されていて、最後にまさかの見つかってしまうという……。

そうです、問題の玄関シーンです。

いくらエロアニメだからって、あれをやれたのはすごいと思う。良い意味でも悪い意味でも問題作。

穹の回りを気にしない依存、暴走は凄いですよね。

12話の周りとの関係を考えて、苦しんで、悩んだ末のあのドラマ的な結末。

「ヨスガノソラ」としての結末は、あれで良かった気はします。

近親相姦が入っているあたり、好みがはっきりと分かれると思いますがエロゲ原作だからとあそこまで振り切れる作品は滅多にないと思います。

何度も言いますが、良い意味でも悪い意味でも問題作な「ヨスガノソラ」

エロゲ原作のアニメがこれから始まるなら、是非色々な意味で参考にしてほしいです。

個人的な穹のお気に入りシーンはやはり、1話のBパート「椅子クルクル」ですね。

あのシーンはたまらなかったです。穹の白い肌に、細い首のライン。

色々なエロシーンはありましたが、あそこ程衝撃が走った場面はなかったです。

他のヒロインのお話も、まあまあ良かったは良かったですが。

暗めのエロが好きなので、エロゲアニメ=ヨスガノソラですね。

最終話

「ヨスガノソラ」の最終話。色々な解釈があると思います。

――全てがばれた後、二人が取った行動。

まずは、最終話のポイントを整理したいと思います。

1.湖から上がった穹と悠。

悠の「生きてるんだよね」という言葉に穹は答えません。

2.一葉に届いたメール。

悠達が送った証拠はどこにもありませんでした。

3.入水前にボロボロにされた穹のぬいぐるみ。電車のシーンではもとに戻っています。

4.悠の「蓄えが無い」というセリフ(ならば、海外に行くお金はどこから?)

5.湖で生まれ変われるという伝説。

要素を見た限り、心中エンドのような気がします。

最初に、湖のシーンで悠と穹は死んでいると考えます。

電車は空しか見えず、また無人。

・ぬいぐるみが元通りである。

穹からのメールと後日届くメール

探しに行った後、携帯は登場しません。

携帯で連絡を取ればいいのに、それをしませんでした。携帯は家に置いてきたのではないでしょうか?

奈緒が家に残されていた携帯を回収し、二人が生きているようにメールを送ったのでは?

・メールの文を読んでいる時、奈緒は無言だった。

いないはずの穹が窓に写る。

・二人は水死していて、電車のシーンで二人は天国にいくことに暗示していた。だから空のみだった。

・部屋がボロボロなのも、戻る気はないから。

誰がどうやって助けたか分かり難い上に、完全なる逃亡EDでした。

委員長も理解をせずに、奈緒のみが理解していました。

理解されずに苦しんだ二人は、やはり心中したと考えられます。

いくら振り切ったエロアニメだからと言って、やはりテレビです。

制作陣も近親相姦を完全に肯定することは、出来なかったのではないでしょうか?

委員長の「気持ちだけでしていいんだったら、私だってしたいことたくさんあります」

この報われないセリフ。曖昧なエンド。バランスが取れている、と個人的には思います。

色々な見方はあると思いますが、 中途半端にやらなかったところはいいが、まあ全体的にエロを押し出ししすぎた気もします。

演出と穹の可愛さだけで、全12話見る価値はあるアニメだと思います。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

穹が奈緒から主人公を奪い取る物語

人気美少女ゲームのアニメ化作品この作品は、美少女ゲームのアニメ化作品です。放送時は評判になりましたし、原作注目度も高いのですが、ただ、この批評はその頃の現象や原作の中身をまったく知らないものとして書きました。「原作ではこういった設定だから」とか「このような事情があったんだ」といった事はいっさい考慮に入れず、純粋に作品のみを観たレビューを展開しています。ももクロのエンディング曲の勢いで押しきられてしまうさて、当作品は野心的な構成をしているのがまず目をひきます。全12話のなかに、エンディングがいくつもあるのです。原作がアドベンチャーゲームなので「あのときに、こうしていたら」という分岐があるのですが、このアニメではエンディングに到達したら、その分岐まで巻き戻り、今度は別の選択肢を選んだ状況でリスタートします。これはわりと目新しい試みで、選択肢毎にエンディングで結ばれるヒロインが異なる美少女ゲー...この感想を読む

3.53.5
  • 十蔵十蔵
  • 265view
  • 3089文字
PICKUP

関連するタグ

ヨスガノソラを観た人はこんなアニメも観ています

ヨスガノソラが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ