はじめの一歩の名言/名セリフ

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

はじめの一歩

3.883.88
画力
3.88
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
3.88
演出
3.88
感想数
4
読んだ人
13

はじめの一歩の名言

はじめの一歩の名言集です。現在17件が登録されています。

努力したものが全て報われるとは限らん。しかし、成功したものは皆すべからく努力しておる!

鴨川源二

世界戦を控えたものを鼓舞するところ

地道な努力こそが最大の近道としれ!!

鴨川源二

生徒が楽をして成長しようと間違えた考え方をしているときに鴨川会長が発した言葉

才能のない奴が、あきらめがよくて、どうするんだ!

青木勝

青木が、才能がないと分かっているなら、もっとがんばらなくてどうする!という檄を送っている

一度サボればマイナス1.続けてサボればマイナス2.慌てて練習しても1-2で弱くなっているってこった。

青木勝

サボってしまうと、取り返すのが大変だと伝えている

オレァ弱い者イジメなんぞするヤツァでえっ嫌いだがな、やられっぱなしでダンマリきめこむヤツにもムシズがはしるんだよ

鷹村守

河原で苛められている一歩を、助ける鷹村。彼は不良を追い払った後、気を失っていた一歩を自分の所属するボクシングジムに連れて行き、怪我の治療をし,彼は目を覚ました一歩への言葉。

強いって、、、一体どんな気持ちですか?

幕之内一歩

プロのボクサーになりたい、と、鷹村に告げる一歩。しかし、鷹村は一歩の甘さを指摘し、怒鳴りつける。一歩は自分が真剣なんだということを、涙ながらに訴えたる際の言葉。

キサマらを強くするのは毎日の積み重ねじゃ。逆もまた然り!毎日の積み重ねがキサマらを弱くする!漫然と日々を過ごすな。四六時中ボクサーであるコトを自覚しろ。自分に足りないモノ必要なモノを常に考えて行動せよ

鴨川源二

プロボクサーであるジム生達に、日々の積み重ねがいかに重要であるかを説いた際の言葉。プロボクサーだけでなく、すべての職業に通じることだと思います。日々の過ごし方次第で前進も後退もします。

意味があるかないかは、戦っている本人が決めることだ

宮田の父

宮田対間柴戦、間柴に足を踏まれて体勢を崩し、その隙を衝かれてまともにパンチをもらってしまい、宮田は足に深刻な怪我を負ってしまう。インターバルで、セコンド陣は宮田に棄権を勧めるも、宮田は聞き入れない。セコンドは宮田の父親にも、これ以上戦っても意味がない、と、棄権を強く勧めるのだが、宮田の父は

好きなことができて、それに打ち込んだんだ!もうそればっかりになっちゃってね。だんだんと周りのコト気にしなくなって 気がついたら 周りの方が変わってた。

幕之内一歩

一歩がこれまでのボクシング人生のことを聞かれての一言

やぶれかぶれで生き残れるほど世界は甘くねえ、だから走れ!たった一人でも走り続けろ!!

鷹村守

宮田が鴨川ジムを出てあまり強くなっていない現状に鷹村が放った言葉。

今までやって来た事を全部出す、スタミナ配分なんか考えない。 僕は挑戦者だ!

幕之内一歩

VS千堂戦「日本タイトルマッチ」 試合開始前、お互いが待ちに待ったゴングが鳴る直前に、一歩が放った覚悟と興奮と決意の心情を表す台詞。

眩い才能は時として優秀な指導者の目も眩ませる。

鴨川源二

才能ある選手にほれ込み指導してきたが、ほれ込むが故に選手の未来を摘み取りそうになってしまった。

ボクシングにラッキーパンチはない!!

宮田の父

海外遠征中に調子が振るわない宮田に、コーチである父が、自分が受け引退にもなったそのパンチの事を振り返る。

幕内くん ボクにはハデなパンチ力も目を見はるような技術もないけど それでもボクシングってのは何があるかわからないよ

小橋健太

東日本新人王戦2回戦目の計量でのシーン。ハードパンチャーで世間から注目を集める主人公に対してのセリフ。

バトンタッチ・・・さ 確かに渡し・・・・たぜ

伊達英二

伊達が世界チャンピオンに挑み、敗北し、引退するときに後は任せたという意味を込めて一歩に言った言葉。

立ちさえすればチャンスはある!!チャンスはあるんだ!!

幕之内一歩

東日本新人王戦の一回戦、一歩が2回目のダウンをした時

キサマの積み上げてきたものが拳に宿る!!

鴨川源二

日本タイトルマッチ千堂武士との試合の時です

はじめの一歩の感想

大衆うけするか どうかの考察

人気アクションと大衆受けアクション古いものから新しいものまでボクシングスタイルが詰め込まれていて読みやすかった。実際のボクシングでわは、わかりずらいアッパー、フック、ボディーブローという必殺技で表現されています。 個人的にはかなり読みやすくなっていて爽快感があります。人間ドラマ 主人公作り方日本学生時代にいじめられっ子であり、ボクシングをきっかけに進む逆境乗り越えるという物語が 私自身の実体験に似ていて、そっからの強くなりたいと思う気持ちが大きくなり、チャンピオン目指していきます。このような経験を体験したこともある人はいるのでしょうか。珍しいことかもしれませんか、ひきつけられます。その姿は一人努力やっていたし、誠実で献身的な一歩の姿にあると思います。恋愛 奥手な少年恋愛ドラマ恋愛しない男、今まで避けてきたと言う初めて一歩におすすめの彼女ができ、とても楽しんでいるという情景が書かれています...この感想を読む

4.54.5
  • しんぷるしんぷる
  • 35view
  • 1096文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

はじめの一歩が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ