竜馬がゆくのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,144件

竜馬がゆくのあらすじ・作品解説

竜馬がゆくは、毎日放送制作の日本のテレビ時代劇ドラマである。 原作は、直木賞作家司馬遼太郎の代表作「竜馬がゆく」。この原作は、産経新聞の夕刊に連載された長編小説で、幕末の偉人坂本竜馬を世間に知らしめた作品であり、竜馬の一般的イメージ像はこの小説で作られたとも言われている。このドラマはこの小説を原作とした初のドラマ化作品でもある。 脚本は、高田宏治、鈴木生朗、はざまたけし、企画協力はマキノ雅弘。 幕末に生きた一人の青年坂本竜馬が、幕末という時代にどのように生き、その人間的魅力で広い人脈を築き上げて歴史を変える一端を担ったかという歴史物語であり、青春群像劇である。 物語の主人公坂本竜馬を演じたのは、同じ司馬作品である「燃えよ剣」で山崎蒸などを演じている中野誠也。他にも竜馬と同郷の武市半平太を内田良平、岡田以蔵を佐藤慶が演じ、幕末維新の三傑の一人西郷吉之助(隆盛)を轟謙二、西郷と会談し江戸城無血開場を成し遂げた勝海舟を田村正和の兄・田村高廣が演じていた。

竜馬がゆくの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

竜馬がゆくの登場キャラクター

坂本竜馬

よみがな:さかもとりょうま ニックネーム:龍馬 生年月日:天保6年11月15日 性別:男 国籍:日本 所属:海援隊 特徴:新しい物好き 特技:土佐藩を脱藩 好きな食べ物:鯖 物語上での目的:日本の独立を守る

岩倉具視

よみがな:いわくら ともみ 生年月日:1825年10月26日 性別:男 国籍:日本 出身:山城国 京都 没年月日:1883年7月20日 職業:政治家 配偶者:岩倉誠子、野口槇子 称号:贈太政大臣贈正一位大勲位 父:堀河康親

沢村惣之丞

よみがな:さわむら そうのじょう 生年月日:天保14年 性別:男 国籍:日本 住まい:土佐 所属:海援隊 出身:土佐国土佐郡潮江村 別名:沢村延世・前河内愛之助・関雄之助 享年:26歳 師匠:間崎哲馬

キャラをもっと見る(8件)

竜馬がゆくの名言

衆人がみな善をするなら、おのれ一人だけは悪をしろ。逆もまたしかり。 英雄とは、自分の道だけの道を歩くやつのことだ。

坂本竜馬

坂本竜馬の言葉。己の自負として使っている。彼の信念、生き方がよく伝わってくる一言。

竜馬がゆくに関連するタグ

竜馬がゆくが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ