家なき子のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

家なき子

4.504.50
映像
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
声優
5.00
音楽
4.00
感想数
1
観た人
1

家なき子のあらすじ・作品解説

家なき子とは、日本テレビ系列にて1977年から1978年まで放映された、全51話からなるアニメである。原作はフランスの小説家エクトール・アンリ・マロの原題『家族がなくて』で、日本テレビ開局25周年記念作品として、東京ムービー新社が制作、総監督出崎統などが担当した。躍動感のあるアニメにするため、立体アニメーションの特殊技法を用いた。 この作品はフランスを舞台に、農村シャバノンで育った捨て子の少年レミが、養父バルブランによって旅芸人に売られてしまう悲劇から始まる。優しい養母と別れの言葉をかわせず悲しみに暮れるも、旅芸人ビタリスの深い人間性と共に旅をする動物たちとの絆を深め、旅を通じてたくましく成長していく物語である。 1980年には東宝系にてテレビシリーズを再編集した劇場版が公開された。約100分にまとめたため、大まかなストーリーは同じだが細かいところは多少異なる。また立体アニメーション方式を取っておらず、ナレーションを取り除いている。

家なき子の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
声優
5.005.00
音楽
4.004.00

評価分布をもっと見る

家なき子の感想

投稿する

原作の真のテーマをきちんと描いた作品

人生の厳しさを正面から描いた作品母親の愛情を受け幸せに知らしていた8歳の少年が、父親から突然拾った子だと言われ、旅芸人に売られることになる。目の前で40フランのやり取りが行われ、母に別れも言えないまま長い長い旅に出ることになる。旅の中では芸をさせられるし、自分が社会の中の下層部の人間であることも痛感させられる事件が起こる。旅になれたと思ったころに旅芸人があらぬ嫌疑で逮捕、収監されてしまう。自分一人ではお金を稼ぐことすらできない・・・・・・。ここまででも主人公に降りかかる苦難は計り知れないが、師匠の死、アキャン家の離散、炭鉱事故、さらにはニセの両親に捕まった挙句に盗賊の一味に疑われ警察からも追われることになってしまう。本当に本当に厳しいことばかりである。本作はそれをすべて、手を緩めることなく描ききっている。現代の作品ならこれが現代の作品だったらどうであろうか?ミリガン夫人が最初に手助けを...この感想を読む

4.54.5
  • あずき色時代あずき色時代
  • 257view
  • 2061文字
PICKUP

家なき子の登場キャラクター

相沢すず

よみがな:あいざわすず 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

セニョール・ビタリス

よみがな:せにょーる・びたりす 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

相沢陽子

よみがな:あいざわようこ 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

キャラをもっと見る(8件)

家なき子の名言

前へ進め、レミ。1人でじっと悲しみや苦しみを抱えていても何の役にも立たん。それなら悲しみや苦しみを乗り越える為に一歩でも二歩で前に進む。明日を見つめて。

セニョール・ビタリス

ビタリスが悲しみや苦しみを抱えているレミを諭すシーン

同情するなら金をくれ!

相沢すず

お金のない人に対して同情する度に使われた言葉。言葉はいらない。お金をくれと言う単刀直入の意味

だから私は負けない。明日を信じてるから。今日よりも明日の方が良い日になるって信じてるから。

相沢すず

黒崎たちとの別れのシーンで、すずが言った言葉。この言葉のあと、黒崎が「そして…明日より明後日だ」と言う。

名言をもっと見る(5件)

家なき子に関連するタグ

家なき子を観た人はこんなアニメも観ています

家なき子が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ