こち亀の魅力って? - こちら葛飾区亀有公園前派出所の感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,118件

こちら葛飾区亀有公園前派出所

4.134.13
画力
4.38
ストーリー
3.88
キャラクター
4.25
設定
4.00
演出
4.25
感想数
4
読んだ人
25

こち亀の魅力って?

4.04.0
画力
4.5
ストーリー
2.5
キャラクター
3.5
設定
3.0
演出
5.0

目次

ずっと変わらない、個性豊かなキャラクター達の安定感

こち亀には主人公両津勘吉はじめ、個性豊かなキャラクターたちが数多く登場する。中でも中川、麗子、大原部長、寺井、本田はレギュラーで登場している。こち亀を多く読んでいる読者は彼らのキャラクターが完璧に出来上がっており、作品の中でも我々読者の持つイメージが壊されることはほぼ無い。彼らのキャラクターは長いスパンで見るとわずかながら変化を加えてはいるものの(堅物キャラの大原部長が孫のだいすけ君の登場によって人間らしさを出し始めたのは良い例であろう。)、キャラクターの設定に変化はない。稀に中川が両津によってとんでもない目にあわされることもあるが、それを面白いと思う読者はあまりいないのでは無いだろうか。それは、良い意味で私たちがキャラクター達に対してキャラ設定どおりの行動をしてオチまでもっていってほしいと思っているからであり、読み手の期待通りのオチ(大抵両津が痛い目をみる)で終わることで満足感を得られているのでは無いだろうか。この漫画が一話読み切りで次の話と関連が無いのも良いところで、話の中でキャラ設定がブレまくっても(両津がトリになったり、派出所が爆発して消滅したり)次の話で修正して元通りになると分かっているから読み手は安心してハチャメチャな話でも読めるのである。

 

古き良き下町を描く、感動ストーリー

こち亀には両津の幼少期を描いている感動ストーリーが挟み込まれている。勝鬨橋の話やパイロットになった旧友と再会する話は有名だ。こち亀はジャンルで言えばギャグ漫画であり、多くの話が両さんのドタバタ劇を見て終わるだけなのだが、こち亀の魅力にこの古き良き下町を描いてるシーンが多く登場している。話として成立していなくても、ボーナス争奪戦の中で出てくるプラモ屋の親父なども結局両津のことが憎めないのであり、下町の人情のようなものを感じることができる。潰れそうな駄菓子屋が出てくるあたりも作者の秋元氏が古き良き下町を愛していることが読み取れる。

男心を惹きつける美女たち

こち亀に登場する女性は例外なく美人で魅力的だ。麗子をはじめとして、纏、小町、直子、ジョディー、乙姫右京、早矢みなそれぞれ性格はバラバラ、タイプもバラバラであるが見事に美女ばかりである。これはこち亀のターゲットが主に男性であることを顕著に表しており、もちろん読んでいて悪い気はしない。そして不思議なことに彼女たちの一人として彼氏や恋人の存在をちらつかせない。男心をよくわかった設定である。最近ではセクシー路線があまりにも顕著に出すぎていて読者としては複雑な気持ちになることもあるが、女性が皆目の大きな未婚の美女というのはこち亀の魅力の一つではないだろうか。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

他のレビュアーの感想・評価

独身・両津勘吉についての考察

独身・両津勘吉について言わずと知れた国民的キャラクターの両さんだが、ギャグ漫画であるため年齢が明らかでないが決して若いというわけではない。主要登場人物の中でも年上は夏春都や部長、署長たちだけであるである。もちろん夏春都などもいるが両津の大叔母であるため当たり前でもあるが、とにかく両さんはとっくに結婚していてもおかしくない年齢だ。そしていままで何度も結婚話も出ているがいまだに独身である。もちろん話の性質上独身のほうが都合いいのかもしれないが両さんと結婚しそうな女性キャラクターも何人も出てきている。誰が最も両さんの結婚相手にふさわしいか漫画に登場した順に少し見ていこうと思う。秋本麗子主要女性キャラクターの中では両さんと最も長い付き合いとなる麗子。派出所勤務であり普段から両さんとも接している人物である。両さんのことも「両ちゃん」と上司である両さんのことを親しい感じで呼んでいてかなり好感を持っ...この感想を読む

4.04.0
  • フクロウフクロウ
  • 225view
  • 2111文字
PICKUP

1976年から連載されている知識の宝庫

「こち亀」の愛称で親しまれる、世代を超えた人気作品「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称こち亀は、物心ついたらすでに週刊少年ジャンプで連載していたという世代も多いのではないだろうか。あまり漫画を読まない人ですら、「ジャンプで昔からやっている警察の漫画」という知識程度はある人が多い。こち亀の面白さは、警察が舞台であるにもかかわらず、主人公両津勘吉が好奇心旺盛なため、一話完結型の話で衣食住や様々な趣味について、あらゆる分野の雑学を登場人物と一緒に楽しめる点にある。ギネスブックにも掲載されている長期連載であるが、時代の最先端の流行りものの話をこち亀で学んだという人も多いだろう。料理から弓道、射撃、拳法、ゲームどんな分野の人も興味深く読める主人公の両津は主にベーゴマなどの昔の遊びや、スキー・登山などのスポーツ、サバイバルゲームや家庭用ゲーム、プラモデル作りと少年が趣味とする系統の知識に強く、仕事...この感想を読む

4.54.5
  • tamamatamama
  • 24view
  • 1028文字

感想をもっと見る(4件)

関連するタグ

こちら葛飾区亀有公園前派出所を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

こちら葛飾区亀有公園前派出所が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ