かちかち山のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,319件

かちかち山

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.00
設定
4.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

かちかち山の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.003.00
設定
4.004.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

かちかち山の感想

投稿する

大人の童話

「かちかち山」を知らない人はまず居ないだろう。わたしも幼い頃読んだ絵本の挿絵とともによく覚えている。うさぎに追い掛け回されるたぬきを見て、悪いことをするとその悪いことは自分に返ってくるのだと、そういう寓話だと思って見ていた。しかし、芥川龍之介の「かちかち山」はそうではない。絵本ではあまり触れられていない、おじいさんの心情というものが非常に美しくそして悲しく描写されているのだ。それも、たったの5ページで。読んだ方ならおわかりいただけるだろうが「はいはい、かちかち山ね。知ってる知ってる」と軽い気持ちで読み始めた浅はかな自分のほっぺたをおもいっきりつねってやりたい気持ちになる。それくらい、冒頭一行目から終わりまで身体に衝撃の走る作品だった。さらに、短い中に何度も出てくる他の童話を指す言葉は、読み手をけして傍観者にさせてくれない。「かちかち山」は童話の中の一つの作品であるという事実を、物語その...この感想を読む

5.05.0
  • たぬきたぬき
  • 35view
  • 580文字

かちかち山に関連するタグ

かちかち山が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ