エスターのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

エスター

3.883.88
映像
3.63
脚本
3.75
キャスト
3.88
音楽
3.38
演出
3.88
感想数
4
観た人
3

エスターのあらすじ・作品解説

少女を養子として迎えたことから巻き起こる恐怖を描いた、2009年公開のアメリカのサイコ・ホラー映画。製作はジョエル・シルヴァー、L・ディカプリオが参加、原案はアレックス・メイス、監督は「蝋人形の館」「アンノウン」のジャウム・コレット=セラ。 幸福に暮らすコールマン一家、ジョンとケイト夫妻と長男ダニエルと妹マックスは、ケイトの流産の失意からジョンは養子をとることを決意、孤児院で出会った聡明で大人びた少女エスターを迎える。彼女はロシア出身で多少変わっているが、聴覚障害を持つマックスとすぐに親しくなったため、快く受け入れられる。が、ほどなくして孤児院のシスターアビゲイルが行方不明となり、夫婦に干渉するなどがありケイトはエスターに不審を抱くが…。 エスターを「ハンガー・ゲーム」のイザベル・シャーマン(子役)、ケイトを「マイレージ・マイライフ」「死霊館」のヴェラ・ファーミガ、ジョンを「ニュースの天才」のピーター・サースガード、アビゲイルを「バグダッド・カフェ」のCCH・パウンダーが演じている。

エスターの評価

総合評価
3.883.88
(4件)
映像
3.633.63
脚本
3.753.75
キャスト
3.883.88
音楽
3.383.38
演出
3.883.88

評価分布をもっと見る

エスターの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

エスターに関連するタグ

エスターが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ