彼女が死んじゃった。のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,144件

彼女が死んじゃった。

0.000.00
映像
0.00
脚本
0.00
キャスト
0.00
音楽
0.00
演出
0.00
感想数
0
観た人
0

彼女が死んじゃった。のあらすじ・作品解説

彼女が死んじゃった。は2004年1月17日から3月13日にかけて日本テレビ系列で土曜21時から全9回に渡って放送された日本ドラマである。 原作は「ビジネスジャンプ」にて一色伸幸原作・おかざき真里作画で2000年から2001年にかけて連載されていた。 主演はTOKIOの長瀬智也、ヒロインは深田恭子で共演には木村佳乃、香川照之、本上まなみ 、西村雅彦らが出演していた。 物語は長瀬演じる主人公の安西ハジメがある日、木村佳乃演じる石井ゆかりと出会い意気投合、即日一夜を共にしてしまうのだが数日後、ゆかりが自殺してしまったことが判明する。知らせに来たのは深田恭子演じる妹の石井玲子と香川照之演じるゆかりの婚約者と自称する吉川良夫の2人だがゆかりの携帯電話に最初に登録されたのがハジメだったのだ。こうして知りあった3人は携帯電話を手掛かりにゆかりの自殺の理由を探す旅に出るのであった。 この作品の初回視聴率は14.0%だったが平均視聴率は7.2%と視聴率はあまり振るわなかった

彼女が死んじゃった。の評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

彼女が死んじゃった。に関連するタグ

彼女が死んじゃった。が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ