ゲームじゃないんだ、ドラマなんだ - 私の嫌いな探偵の感想

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

私の嫌いな探偵

1.001.00
映像
2.00
脚本
1.00
キャスト
1.50
音楽
2.00
演出
1.00
感想数
1
観た人
1

ゲームじゃないんだ、ドラマなんだ

1.01.0
映像
2.0
脚本
1.0
キャスト
1.5
音楽
2.0
演出
1.0

目次

辛口なんです、すみません…。

作品を見た感想としては、申し訳ないですが「恐ろしく一時間が長い」と思いました。とにかく、最後まで見ているのが辛いという感じです。

そもそもこのドラマを、どのようなカテゴリーで見ればいいのか解りかねました。
ミステリーにしては緊張も全くなく、トリックもお粗末。コメディにしては、どこで笑ったらいいのか分かりません。

主人公は遺体を見ても、「生で捜査が見られて興奮する!」などと言うような人間性で、とても感情移入などできない人物です。
ストーリーも、突っ込みどころ満載で、ご都合主義で展開しており、普通に考えればおかしなところだらけで、破綻していると言っても過言ではありません。

キャラクターもストーリーもダメなら、何を目的に見ればいいのでしょうか?
主役の剛力彩芽さんはかわいかったですが…。

もっと、視聴者の共感を大事にしてほしい!

まず、声を大にして言いたいのは、「基本の倫理観から外れた作品はダメ」だと思います。
この作品の一番残念な所は、主人公の朱美がミステリーマニアという設定で、殺人事件を見て面白がっているという事です。
はっきり言って、見ていて不愉快でした。
人が殺されているのに、ゲーム感覚でおもちゃにするのは間違っていますよね。
名探偵コナンでも、金田一少年の事件簿でも、主人公は正義感から事件を解決するわけです。
多分、「面白い」というような感情で動くような、ミステリーの主人公はいないと思います。
また、百歩譲ってそれがアリだとして、周りからは異常だと思われているような、キャラクターである必要があると思います。

この作品は、朱美のキャラクターもこんな感じですし、作品全体から殺人を軽く見ているような印象を受けます。
また、事件が起きました→捜査しましょう→考察しましょう→犯人を捕まえましょうという流れが、露骨だなと思いました。
ミステリードラマなのですから、そのあたりをドラマのストーリーとして描くべきではないでしょうか?
1話では、捜査をしていると栗原類さんの演じる近隣住民が、なぜか警察に出さなかった盗撮映像を、「映像あるよ」といきなり主人公に持ってきてくれます。
そこは、盗撮を見抜いて映像を入手するところまで、ちゃんとストーリーを作ればよかったのに、と思いました。
これではミステリーゲームの作業行程を延々と見せられているようです。
まさに殺人事件に対して、製作側がゲームのような認識しかないように感じられて、残念でした。

これでは視聴者とドラマの製作側との倫理観の差が大きくて、視聴者はついていけないだろうな、と感じてしまいました。

またストーリーにも、突っ込みどころが多すぎると思いました。
まず1話から、探偵が警察の捜査に協力しているのはおかしいですよね。
名探偵コナンも、金田一少年も「たまたま居合わせたから」事件に協力するわけで、最初から民間人が首を突っ込んでいるのはおかしな話です。
また、先輩の茂呂が風呂場で刺されて倒れているのに、それを放っておいて出歩いている流平に…。
「えっ、警察や救急に連絡しないの!?」と思いました。普通に考えて、遺体を放置することなんて、あり得ないと思うんですが…。
そして鵜飼達は捜査をして、やっと警察に連絡するのかと思いきや、またしても放置。
哀れご遺体は、丸一日放って置かれたわけで…。
この辺りも血が通っていないというか、ゲーム感覚というか、ご都合主義だなあと思いました。

完全に異世界のファンタジーならともかく、現実と地続きの世界観でドラマを作るなら、最低限の辻褄合わせはしてほしいですね。でないと、観ていられない気持ちになってしまいます。

また、トリックの答えがするのかと出てしまうというか、後を観なくても予想できるのも、良くなかったと思いました。
まさかこんなに簡単なトリックで、二話に渡って放送するとは思いませんでした。
視聴者は結末が分かっていない前提で、ストーリーは進んでいくのが残念でした。

お金持ちで、ミステリーマニアならではの言動がほしい


話が良くなくても、キャラクターに魅力があれば、まだ光明はあります。
しかし、上にも書いた通り、主人公二宮朱美の倫理観では、視聴者から好感を持たれるのは厳しいと思います。
また、朱美のキャラクターがどこか既視観のある、凡庸な感じなのも残念なところです。
天然というんですかね、全然的外れな推理をして見せるシーンがあるのですが、「漫画などでよく見るヒロイン」という感じでした。なんならちょっと古い感じすらします。
ギャップのある設定なのに、活かしきれていないのも勿体ないですね。
女子大生なのに大家、とか、女子大生なのにミステリーマニア、とか。
もっとお金持ちで世間知らずな感じにした方がよかったのかもしれません。
もっとお金持ち、女子大生ならではの言動があればよかったですね。
あと、マニアと言うわりに、マニアらしさが「事件が起きると喜ぶ」だけでは勿体なかったと思います。
また、朱美の顔を「鳥に見える」という弄りがよく登場しましたが、剛力彩芽さんの顔って鳥っぽいですかね?ちょっと無理があると思いました。

あなたも感想を書いてみませんか?
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
コンテンツをもっと楽しむための考察レビューを書けるレビュアーを大歓迎しています。
会員登録して感想を書く(無料)

関連するタグ

私の嫌いな探偵を観た人はこんなドラマも観ています

私の嫌いな探偵が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ