よいこの黙示録のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,125件

よいこの黙示録

4.004.00
画力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

よいこの黙示録のあらすじ・作品解説

よいこの黙示録は、青山景によって描かれた漫画で、2010年の漫画雑誌「イブニング」18号から2019年の21号まで連載されていた作品である。作品が完結する前に、作者の青木氏が死去したため未完となっている。とある小学校を舞台に、人間の集団心理と宗教との関係を描いた意欲作である。 物語は、新人教師である湯島朝子が、産休で学校を休むことになった担任に変わって、授業を受け持つことになったところからスタートする。ところが、この学級には伊勢崎大介という心に問題を抱えた生徒がいた。驚くことに、伊勢崎は同級生の森ユリカを教祖として、学級内に新興宗教を起こそうという野望を抱いていたのである。教師の湯島朝子は、伊勢崎の口車にまんまと乗せられ、彼の野望に手を貸してしまった。得体のしれない伊勢崎大介は、クラスメイトたちの心の悩みにつけ込み、それを巧みに利用していくのだがー。 人間の心の闇と、宗教とにスポットをあてた貴重な作品である。

よいこの黙示録の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

よいこの黙示録の感想

投稿する

よいこの黙示録に関連するタグ

よいこの黙示録を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

よいこの黙示録が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ